« 2013年9月 | トップページ | 2013年11月 »

2013年10月

「ヤーコン茶+三年番茶」&「ハロウィンクッキー」

2013103119110000


2013103119110001

ハロウィンです!「お菓子をくれなきゃいたずらしちゃうぞ!」とコドモじゃなくてもはしゃぎたくなる?!ような?楽しいディスプレイがあちこちを彩っていますね。今回は「お菓子を食べながらいたずらもしちゃうぞ!」的な展開を狙って(?)こんなお茶とお菓子を用意してみました。お菓子はその名も「ハロウィンクッキー」。国産有機かぼちゃを使って作ったというカラダによさそうなクッキーです。で、お茶。今回は健康茶「ヤーコン茶」を前回も使った三年番茶と合わせてみます。ヤーコンというのは南米アンデス山脈地方原産のキク科の多年草(だそうです)で、根の部分はフラクトオリゴ糖が豊富でしゃきしゃきした食感が特徴ですが、今回は葉の部分を健康茶にしたものをつかいます。説明を読むと、ほうじ茶や麦茶とあわせると苦みが緩和されて飲みやすい。とあり。。。「苦い」?お茶なの?と、あまり予備知識もないまま実験モードでコーナーに突入です!
題して「お菓子を食べながらいたずら。。。じゃなくて“実験”しちゃうぞ!」。スタジオには、キケンな雰囲気を察知したのか?(ウソウソ!代休だそうです)いつものスタッフくんの姿がなく、代打は日曜朝番組の実験コーナー「アプリコットラボ」のN助手(実験だけに好都合!?)。早速わらわらとお茶を淹れてみれば。。。N助手まずは水面に浮いている粉が気になったらしく。。。ハナシはティーバッグをばらして三年番茶を合わせ急須で淹れたところからはじまります。「うーん、あまり強い苦みとかはないですね。どくだみ茶などの健康茶から苦味とえぐ味を除いたような感じです」と若干ほっとした表情でコメント。ほんのりかぼちゃ色のハロウィンクッキーを「ぼりっ」とかじりながら「わりとしっかりと焼けていますね。味は穏やかな感じです」と続けます。そして、お茶JAZZ。今月のアーティスト・ジョン・コルトレーンから選曲担当の足柄茶イエロー(茶業センター社員にして足柄茶コンシェルジュ!)が選んでれた「SAY IT」を聴きながら、コーナーを締めくくり、急須に残った濃いー水色のヤーコンブレンド三年番茶を試しに飲んでみたところ。。。ここで今回のお茶が本性を現しました。「わ、これはスゴイ!野草の味です」とつとめて平静を装いながら表情がひきつっているN助手。さっきのお茶とはクラベモノにならないくらストロングなテイスト!!
パッケージには「煮出して飲む」とあったので、熱湯でさっと淹れた最初の味よりは、コッチのほうがホンモノの味にちかいのかも?うーん、おそるべしヤーコン茶!「お菓子をたべながら実験するぞ!」は、コーナー終了後にびっくりな結果を出したのでした。
さて、次回はもう11月ですね。どんな展開になるかなぁ?

| | コメント (0)

「ルイボスティー+三年番茶」&「くるみといちじくのパウンドケーキ」

2013102420140000


2013102420140001
街をあるくとあちこちでカボチャのオバケに出会います。ハロウィンまであと1週間なんですね。で、今回はハロゥインではなく(次回がちょうど当日なので。。。)季節の変わり目、カラダにやさしそうな?お茶とお茶うけでほっこりしましょう。
最近ノンカフェインでカラダにやさしいと注目のお茶「ルイボスティー」をやはりカラダにやさしいお茶として知られる、三年ねかせたて熟成した京番茶「三年番茶」とブレンドしてみます。
お茶うけは、地元の素材を使用してお菓子をつくっているお店の「くるみといちじくのパウンドケーキ」なんだか“滋味”がありそうでしょ?
秋のイベントシーズンということでゲストがてんこ盛りの今回、スタジオにはいってきたスタッフくんでゲストは6組め(4時間に6組ってすごい?)。
ようやくほっと一息な感じでお茶を淹れて行きます。
ルイボスティーの色が勝っているのか水色はきれいな赤茶色です。「紅茶みたいですね」とスタッフくん。色もさることながら味もルイボスティー独特の風味が勝っています。どんなお茶にも合わせやすいやさしい風味の三年番茶は後味に微かに感じる!というところでしょうか。
そして、「くるみといちじくのパウンドケーキ」。食べやすいようにあらかじめ一口大に切り分けてきたのですが、、、「では、いただきます」と口にいれたきり、スタッフくんは「もふもふ」。。。「やっぱりケーキの類いはこういう展開になりますよ!」とかろうじてコメント。音だけで伝えるというラジオの性格上、あまりトークに影響がないように!と思っているのですが、今回は「もふもふ」デシタ(汗)!でも、くるみの香ばしくてクリスピーな食感と、いちじくの独特のぷちぷち感が心地よく、ケーキの上にトッピングされているココナツが「おいしい」ということで着地しました。
そして、お茶JAZZ。「ジョン・コルトレーン」の4回目の今回は選曲担当の足柄茶イエロー(茶業センター社員にして足柄茶コンシェルジュ!)が「BUT NOT FOR ME」をチョイス!ノンカフェインのお茶とやさしい味のケーキで秋の夜長をゆったりと楽しめそうです。
さて、次回はいよいよハロウィン!どんな展開にしようかな?

| | コメント (0)

「白刀豆(なたまめ)茶+ほうじ茶」&「月しろ」

2013101720030000


2013101720030001


2013101720040000

十三夜のお月見です。八月の十五夜の月に対して「後の月」とも言われるそうです。
栗名月とも豆名月ともいわれるということで、今回は栗!と思ったら、「栗のフレーバーティー」先日使ったばかり。。。(汗)ということで、ここは“豆”に注目!ストックしておいたアレンジ素材から、「白刀豆(なたまめ)茶」という健康茶を開けてみました。「ほうじ茶や麦茶ともブレンドできる」とパッケージにあったので、「ほうじ茶」と合わせてみます。そしてお菓子はお月見らしく「月しろ」という和菓子を。。。!パッケージからは「重たいせんべい」的な雰囲気が伺い知れるのですが、どんなお味なんでしょう?早速スタジオで淹れていきます。
ティーバッグをばらしてほうじ茶に混ぜたためか思いのほか濃い水色に「ダイジョウブか?!」と不安になりつつスタッフくんに勧めてみれば。。。「これ、辛くないラー油の味です!」と「?」なコメントが。。。んー、香ばしい香りと味がふわっとシゲキのないラー油のような感じがしなくも。。。ない。か。(ラー油の風味から辛さを分離して香りを感知できるってある意味才能かも?!)
そして、「月しろ」。中が見えない白い小袋にはいっているので、感じるのは重量感のみ。「北海道小豆の味」と袋にあるので小豆を使った板状のお菓子であることはわかるけど。。。開けないと全容がわからないというミステリアスな展開です。
「あ、重量感がありますね」と手に取ってコメントをはじめたスタッフくん「ん?せんべいじゃない!板状にしたあんこのようなお菓子ですね」と袋を開けてまたビックリ!粒状のあずきの甘さが上品なしっとりしたお菓子です。質感的には五円玉の形をしたチョコに似てる(!?)ような気がしなくもないですが、満月の月面のようなたたずまいを愛でつついただきたい感じですね。
そして、お茶JAZZ。「ジョン・コルトレーン」をチョイスした今月、3回目になる今回は「SUMMERTIME」です。選曲担当の足柄茶イエロー(茶業センター社員にして足柄茶コンシェルジュ!)は、どんな異図でこの曲をチョイスしたのかな?ま、急に涼しくなると夏の日差しが恋しくなったりもするよね!
そんなことを考えつつ曲を聴いていると、傍らでお茶の味をみていたスタッフN氏が「このお茶、飲みはじめを0、飲み終わりを100 として表現すると、60を越えた辺りで漢方薬の“葛根湯”のような味がしますね」と、“ラー油”にまけないスゴイ表現を繰り出したのでした。おそるべし「白刀豆茶」。ある意味枠にハマらない表現力を引き出す!と見た。
さて、秋もいよいよ深まってきますね。次回はどんな展開にしようかな?

| | コメント (0)

「ほうじ玄米茶」&「米粉のおやつ はにポン」

2013101020130000


2013101020140000
秋たけなわ。。。と言いたいところですが、暑い日が続いていますねー!なかなか衣類の入れ替えが進まなくて。。。という方も多いのでは?そうはいっても郊外の田んぼでは稲刈りが進んでいるし、この週末は小田原市内でも各地で「秋祭り」が行われるようですね。街のあちこちに「御祭礼」というのぼり旗が並んでいます。気温とはうらはらに秋は深まっているー!ということで、今回は、「秋のお祭り」にちなんで、「お米」をキーワードにしました。このあたりで「秋祭り」といえばやはり「お米の収穫」に関連があるかなぁ?というところからの発想です。
お茶は香ばしいほうじ茶にこれまた香ばしい玄米をブレンドした「ほうじ玄米茶」。そしてお茶うけは「米粉のおやつ はにポン」という米粉を焼き上げてはちみつと黒糖風味で仕上げてあるというカラダに良さそうなスナック?!菓子です。
久々?に登場のいつものスタッフくん。まずはお茶から。。。「香ばしい香りです!玄米の香りとほうじ茶の香りの両方がいいバランスです」とソツなくコメント。そして、「はにポン」です。さくさくと軽い音をさせながらひとしきり食べたあと「黒糖の風味がいきています。が、後味に甘さがあまり残らないんですね。やさしい甘味とコクがほうじ玄米茶に合います!」と着地。
そして、お茶JAZZ今月は「ジョン・コルトレーン」をチョイスした選曲担当の足柄茶イエロー(茶業センター社員にして足柄茶コンシェルジュ!)2回目の今回は「Everytime We Say Goodbye」です。豊穣なお米の恵みに感謝しながら味わいましょう!とかいいながら、曲のウラでは、「はにポン」が何のお菓子(それも駄菓子系のスナック)と似た食感かを熱く論じ合ってしまったスタジオ一同。感覚に刻まれた食の記憶の奥深さ(?)を実感した秋の夜でした。
さて、次回は十三夜ですね。どんなお月見にしましょうね?


| | コメント (0)

「フレーバーティー(緑茶)“栗”」&「ビスコッティ」

2013100319140000


2013100319150000


10月にはいりました。食欲の秋到来!いも・栗・かぼちゃのホクホクの食感が「私を呼んでいるー!」というかたも多いはず!今回は緑茶ベースの「栗」のフレーバーティーを見つけてきました!いつも自作のアヤしいブレンドを披露しては「ソレ本当に美味しいの!?」的な目で見られていたりいなかったり(笑)なので、今回は既製品をきちっと淹れて見ようかと。。。合わせるお茶うけは、手作りの「ビスコッティ」。ナッツの入った素朴な焼き菓子です。バター不使用、キビ砂糖使用のヘルシーなお菓子。先日ランチで伺ったお店で発見しました。コレをコーヒーに浸していただくと美味しいそうなのですが。。。今回は「栗」のお茶でいただいてみます♪
まーしゃ’S Caféのコーナー、今回のお味見役は日曜朝の番組のコーナー「アプリコット・ラボ」からN助手。さて、どんなふうに秋の味覚「栗」のお茶と「ビスコッティ」を斬るか?!
淹れるなりふんわりと栗が香るフレーバーティー「栗」。「ん?これは。。。モンプランクリームのあの香りです!ほんのりと甘さもあって。。。でも、栗の渋みもお茶の苦み渋みもなくてすっきりしています」と、的確にお茶の風味をコトバに置換えていくN助手。そして、「ビスコッティ」。。。「オーガニックなやさしい風味です。生地は非常に密度が濃いというかぎっしりと充実した感じですね」ですと。「やさしい味なので、栗の香りやほのかな甘味のあるお茶にはぴったりですね」お見事!今回もワタシの出る幕なし(?!)
そして、お茶JAZZ。。。今月は「ジョン・コルトレーン」をチョイスした選曲担当の足柄茶イエロー(茶業センター社員にして足柄茶コンシェルジュ!)初回は「マイ・フェバリット・シングス」です。秋の夜長。。。気持ちもゆったり過ごせそうです。
さて、食欲の秋もどんどん深まる10月。。。次回はどんな展開に?!

| | コメント (0)

« 2013年9月 | トップページ | 2013年11月 »