« 「フレーバーティー(緑茶)“栗”」&「ビスコッティ」 | トップページ | 「白刀豆(なたまめ)茶+ほうじ茶」&「月しろ」 »

「ほうじ玄米茶」&「米粉のおやつ はにポン」

2013101020130000


2013101020140000
秋たけなわ。。。と言いたいところですが、暑い日が続いていますねー!なかなか衣類の入れ替えが進まなくて。。。という方も多いのでは?そうはいっても郊外の田んぼでは稲刈りが進んでいるし、この週末は小田原市内でも各地で「秋祭り」が行われるようですね。街のあちこちに「御祭礼」というのぼり旗が並んでいます。気温とはうらはらに秋は深まっているー!ということで、今回は、「秋のお祭り」にちなんで、「お米」をキーワードにしました。このあたりで「秋祭り」といえばやはり「お米の収穫」に関連があるかなぁ?というところからの発想です。
お茶は香ばしいほうじ茶にこれまた香ばしい玄米をブレンドした「ほうじ玄米茶」。そしてお茶うけは「米粉のおやつ はにポン」という米粉を焼き上げてはちみつと黒糖風味で仕上げてあるというカラダに良さそうなスナック?!菓子です。
久々?に登場のいつものスタッフくん。まずはお茶から。。。「香ばしい香りです!玄米の香りとほうじ茶の香りの両方がいいバランスです」とソツなくコメント。そして、「はにポン」です。さくさくと軽い音をさせながらひとしきり食べたあと「黒糖の風味がいきています。が、後味に甘さがあまり残らないんですね。やさしい甘味とコクがほうじ玄米茶に合います!」と着地。
そして、お茶JAZZ今月は「ジョン・コルトレーン」をチョイスした選曲担当の足柄茶イエロー(茶業センター社員にして足柄茶コンシェルジュ!)2回目の今回は「Everytime We Say Goodbye」です。豊穣なお米の恵みに感謝しながら味わいましょう!とかいいながら、曲のウラでは、「はにポン」が何のお菓子(それも駄菓子系のスナック)と似た食感かを熱く論じ合ってしまったスタジオ一同。感覚に刻まれた食の記憶の奥深さ(?)を実感した秋の夜でした。
さて、次回は十三夜ですね。どんなお月見にしましょうね?


|

« 「フレーバーティー(緑茶)“栗”」&「ビスコッティ」 | トップページ | 「白刀豆(なたまめ)茶+ほうじ茶」&「月しろ」 »

趣味」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« 「フレーバーティー(緑茶)“栗”」&「ビスコッティ」 | トップページ | 「白刀豆(なたまめ)茶+ほうじ茶」&「月しろ」 »