« 「ほうじ玄米茶」&「米粉のおやつ はにポン」 | トップページ | 「ルイボスティー+三年番茶」&「くるみといちじくのパウンドケーキ」 »

「白刀豆(なたまめ)茶+ほうじ茶」&「月しろ」

2013101720030000


2013101720030001


2013101720040000

十三夜のお月見です。八月の十五夜の月に対して「後の月」とも言われるそうです。
栗名月とも豆名月ともいわれるということで、今回は栗!と思ったら、「栗のフレーバーティー」先日使ったばかり。。。(汗)ということで、ここは“豆”に注目!ストックしておいたアレンジ素材から、「白刀豆(なたまめ)茶」という健康茶を開けてみました。「ほうじ茶や麦茶ともブレンドできる」とパッケージにあったので、「ほうじ茶」と合わせてみます。そしてお菓子はお月見らしく「月しろ」という和菓子を。。。!パッケージからは「重たいせんべい」的な雰囲気が伺い知れるのですが、どんなお味なんでしょう?早速スタジオで淹れていきます。
ティーバッグをばらしてほうじ茶に混ぜたためか思いのほか濃い水色に「ダイジョウブか?!」と不安になりつつスタッフくんに勧めてみれば。。。「これ、辛くないラー油の味です!」と「?」なコメントが。。。んー、香ばしい香りと味がふわっとシゲキのないラー油のような感じがしなくも。。。ない。か。(ラー油の風味から辛さを分離して香りを感知できるってある意味才能かも?!)
そして、「月しろ」。中が見えない白い小袋にはいっているので、感じるのは重量感のみ。「北海道小豆の味」と袋にあるので小豆を使った板状のお菓子であることはわかるけど。。。開けないと全容がわからないというミステリアスな展開です。
「あ、重量感がありますね」と手に取ってコメントをはじめたスタッフくん「ん?せんべいじゃない!板状にしたあんこのようなお菓子ですね」と袋を開けてまたビックリ!粒状のあずきの甘さが上品なしっとりしたお菓子です。質感的には五円玉の形をしたチョコに似てる(!?)ような気がしなくもないですが、満月の月面のようなたたずまいを愛でつついただきたい感じですね。
そして、お茶JAZZ。「ジョン・コルトレーン」をチョイスした今月、3回目になる今回は「SUMMERTIME」です。選曲担当の足柄茶イエロー(茶業センター社員にして足柄茶コンシェルジュ!)は、どんな異図でこの曲をチョイスしたのかな?ま、急に涼しくなると夏の日差しが恋しくなったりもするよね!
そんなことを考えつつ曲を聴いていると、傍らでお茶の味をみていたスタッフN氏が「このお茶、飲みはじめを0、飲み終わりを100 として表現すると、60を越えた辺りで漢方薬の“葛根湯”のような味がしますね」と、“ラー油”にまけないスゴイ表現を繰り出したのでした。おそるべし「白刀豆茶」。ある意味枠にハマらない表現力を引き出す!と見た。
さて、秋もいよいよ深まってきますね。次回はどんな展開にしようかな?

|

« 「ほうじ玄米茶」&「米粉のおやつ はにポン」 | トップページ | 「ルイボスティー+三年番茶」&「くるみといちじくのパウンドケーキ」 »

趣味」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« 「ほうじ玄米茶」&「米粉のおやつ はにポン」 | トップページ | 「ルイボスティー+三年番茶」&「くるみといちじくのパウンドケーキ」 »