« 「ほうじ茶+熟番茶の穀物ブレンド」&「出西しょうが餅」 | トップページ | 「伝統本玉露さえみどり」&「干支菓子」 »

「大福茶」&「強羅餅」

2014010216340000


2014010216340001


新年あけましておめでとうございます。今年も2日の新年特番からお仕事スタートです。新年といえばやはり「大福茶」。これを飲まなきゃ新しい年は始まらない!ということで、今年も番組で淹れていきます。今年最初のお茶は、京都竹村玉翠園さんの「大福茶」です。やっぱり大福茶は竹村さんのでないと、ね!ということで暮れに取り寄せました。そして、お菓子は。。。予定していた新春のお菓子はあったのですが、お世話になっているお寺の元旦護摩の富くじで当たった「強羅餅」をラッキーのおすそわけ!ということで持っていくことにしました。
午前10時からの4時間の生放送、どのタイミングでお茶を淹れるか?箱根駅伝の応援風景の中継などもあるので様子を見ながら進めていきます。今年は駅伝の選手が小田原の街を通過した頃合いを見計らってお茶を淹れてみました。
いつものスタッフくんが一緒に一服してくれます。
もう何年もやってるから?!か、大福茶の説明についても絶妙なタイミングで質問を繰り出してくれるスタッフくん。由来から各地の大福茶のバリエーションまでお茶の用意をしながらすいすいと進みます。「梅のしょっぱさと昆布のお出汁。お茶そのものも美味しいです。おうちで淹れてみたい人はこういうセットになったものを買うといいですね」とリスナーさんへのフォローもばっちり!小梅干しと結び昆布がはいった竹村さんの「大福茶」。この組み合わせ以外にも場所によっては玄米茶であったり、山椒がはいっていたり、金箔がうかんでいたり。。。といろいろなものがあるようです。お正月だけではなく、結婚式などのお祝い事や節分の夜などにも飲む習慣があるというこの大福茶。ぜひ“縁起もの”のひとつとして淹れてみてくださいね。
つづいては、「強羅餅」をいただきます。箱根・強羅のお菓子屋さんのお菓子。竹の皮ふうのパッケージに包まれたお餅を口にするなり「ん?これは柚子の香りですね!?」とオドロキの表情のスタッフくん。「餅」と名のつくお菓子なので、あんこ系のお菓子を想像したらしいのですが、ほおばると口いっぱいにひろがる柚子の香りにびっくりしたようです。やわらかいふわふわのお餅に細かくした羊羹が混ぜ込んであるこの「強羅餅」。生地の豊かな柚子の香り♪はポイント高いですね。
邪気を払い福を呼び込む「大福茶」に福のおすそわけ♪の「強羅餅」今年も幸先良いスタートになりました。
通常の番組でのお茶の紹介は松がとれてからになりますが、年の初めはちょっとリッチな感じにしてみようかな?次回もおたのしみにー!!

|

« 「ほうじ茶+熟番茶の穀物ブレンド」&「出西しょうが餅」 | トップページ | 「伝統本玉露さえみどり」&「干支菓子」 »

趣味」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« 「ほうじ茶+熟番茶の穀物ブレンド」&「出西しょうが餅」 | トップページ | 「伝統本玉露さえみどり」&「干支菓子」 »