« 「足柄茶・清香」&「足柄茶使用・湘南菓族 マルキーズ」 | トップページ | 「足柄茶くき茶」&「ナッツクッキー」 »

「ロータスティー(蓮茶)+熟番茶」&「イチジクチョコロン」

2014032020020000_2


2014032020020001

暑さ寒さも彼岸まで。。。とはいえ、年度末でばたばたしているところに、寒暖の差が激しかったりすると体力の消耗がMAX!まーしゃもなんとかかんとか年度末恒例(?)確定申告をすませたものの怒濤の年度末でちょっとお疲れ。なんか元気になるもの!と思っていたら!!ベトナムのお土産にロータスティー(蓮茶)をいただきました。独特の淡い香りがあるロータスティー。。。これに日本のお茶をブレンドするとしたら?と考えてみましたが、淡い香りをひきたてつつ“カラダにやさしい”「三年ねかせた“熟番茶」はどうかな??と。今回は日曜朝の番組の実験コーナー「アプリコット・ラボ」からN助手がお味見にくるので予行練習はあえて行わず、スタジオにて実験!実践!!
合わせるお茶うけも、“カラダに良さげ”をねらって、先日古民家ガーデン紋蔵に出展していた“ナッツくん”のお店wara no bagの「イチジクチョコロン」を合わせてみます。この「イチジクチョコロン」遠目に見ると若干お彼岸必須アイテム「ぼたもち」のミニチュアのように見えなくもない?!(ちょっとムリがあるか?!w)
ロータスティーのパッケージが日本語じゃない(!)のでイマイチ淹れかたの細かなニュアンスが読み切れないまま、ほぼ同量の「熟番茶」とブレンドして熱めのお湯で淹れていきます。水色は上品な琥珀色といった感じ。。。「淡い色ですね」とN助手、早速見た目からコメントをはじめます。「うーん、なんていうんでしょう?味もあわーい感じですね。でもどこかオリエンタルな香りがします」。この薄い水色がはたして正解なのか?確信がイマイチもてないながらも「熟番茶」が単に薄いだけ(!)ではないボディ感のようなものを出していることがわかります。概ね成功!というところかな?
そして、お茶うけの「イチジクチョコロン」。一見レーズンチョコがマットな質感になったみたいな?風貌ですが、「意外にしっとりしています。食感はイチジクのプチプチした感じがそのまま生きています」とN助手。甘過ぎないチョコとイチジクの自然な風味が淡い感じのお茶と“いい感じ”です。
そんな今回のお茶JAZZは。。。?今月のアーティスト・オーネット・コールマンから、選曲担当の足柄茶イエロー(茶業センター社員にして足柄茶コンシェルジュ!)が「グッド・オールド・デイズ」をチョイス!年度末でお疲れ気味のカラダとココロに心地よく響く演奏です。さて、次回は?そろそろ桜の季節?かな??

|

« 「足柄茶・清香」&「足柄茶使用・湘南菓族 マルキーズ」 | トップページ | 「足柄茶くき茶」&「ナッツクッキー」 »

趣味」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« 「足柄茶・清香」&「足柄茶使用・湘南菓族 マルキーズ」 | トップページ | 「足柄茶くき茶」&「ナッツクッキー」 »