« 「奥八女紅茶 紅・八女津媛+櫻の花」&「桜ふあふあ」 | トップページ | 「屋久島茶・新茶」&「五穀せんべい」 »

「静7132」&「桜葉せんべい」

2014041019150001


2014041019150000

小田原の桜開花情報を見ても主な桜スポットはほとんどが「見頃すぎ」の表示になりました。桜吹雪から葉桜への季節ですね。
そんな中、先日、今年の足柄茶の新茶期の安全を祈願する「献茶祭」が行われ、まーしゃも「足柄茶コンシェルジュ」として、呈茶のお手伝いで参列してきました。
その席でお茶うけとして用意されていたお菓子の中にあった「桜葉せんべい」。桜の葉が入ったえびせんべいなのですが。。。パッケージの文字を「葉桜」と空目(笑)したことから何か運命のようなものを感じ(そこまでか?!)、桜葉のようなほのかな香りがある事で知られる「静7132」という品種茶が手元にあったのを思い出し。。。「桜葉」→「葉桜」ツナガリで!と今回のメニューがきまりました。
葉桜の季節の桜葉のお茶とお茶うけ。。。(なんか早口コトバみたい?!)早速スタジオで淹れていきます。
桜葉と葉桜の前フリが若干長くなり(汗)ちょっと待たせちゃったのですが、「あ、ほのかに桜の香りがしますね」といつものスタッフくんからは素早い反応!直感的に「桜葉」
と判る香りです。フレーバーティーではなく、この香りは品種の特徴によるものなのですが、ほんのりふんわりとした感じはまさに“春”です。そして、「桜葉せんべい」です。「この塩味がいいですね!ついつい止まらなくなります」とさくさくといい音で食べているスタッフくん。「やさしい味のお茶とおせんべいの塩味がいいバランスです」と太鼓判。
そして、お茶JAZZ。お茶に精通した神奈川県農協茶業センターの社員で日本茶インストラクターでもある“足柄茶イエロー”が選んだ今月のアーティストは「ジョニー・グリフィン」。今回は「オール・ザ・シングス・ユー・アー」です。
桜吹雪から葉桜への季節「桜葉」のテイストを楽しみながら聴いてみましょう!
さて、次回は・・・?


|

« 「奥八女紅茶 紅・八女津媛+櫻の花」&「桜ふあふあ」 | トップページ | 「屋久島茶・新茶」&「五穀せんべい」 »

趣味」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« 「奥八女紅茶 紅・八女津媛+櫻の花」&「桜ふあふあ」 | トップページ | 「屋久島茶・新茶」&「五穀せんべい」 »