« 2014年5月 | トップページ | 2014年7月 »

2014年6月

「ミント京番茶」&「カントリーマアム極み抹茶」

2014062619400000_2


2014062619410000

先日、夏至と冬至に恒例の「キャンドルナイト」イベントがいつもの会場・唐破風の行商宿「日乃出旅館」で行われました。まーしゃもいつも通り「お茶あそび」で出展してたのしい時間をすごしてきました。今回は34種類のお茶と素材を用意してのワークシップになりました。お客様に自分だけのオリジナルブレンド茶を作っていただいたのですが、小さいお子さんから外国のかたまで40名ものかたにご参加いただきました。中にはあまりの面白さ(?)に2回チャレンジしていくかたも。。。その中には「ええっ!」というような組み合わせで「おおっ!」という名作ブレンドも誕生し、まーしゃとしても“新発見”が続出。
今回はその中のひとつ「ミント京番茶」を淹れてみます。
今回ベースとなる京番茶はバレンタインの時期に、チョコと一緒にいただくとミラクルが起こる!とこのブログでもご紹介した、京都・竹村玉翠園さんのもの。そのスモーキーな京番茶にミントをブレンドしちゃうという斬新な(?)組み合わせ!
キャンドルナイトのお茶遊びでも「うっそ!ミントを合わせたらスモーキーな番茶がチョコミントふうになっちゃった!」とオドロキの結果をもたらしたものです。
合わせるお茶うけは。。。チョコミント風の風味とカブるからチョコそのものでなないほうが良さそうだし、かといって、和の素材ともちがいそうだな。。。と、相当悩みましたが、しっとりクッキーで知られるカントリーマアムの期間限定(?)「極み抹茶」を合わせてみる事にしました。これなら和テイストも若干ありつつ、若干チョコだし。。。と。
さて、スタジオにはいつものスタッフくん収録中のため、日曜日の番組アプリコットガーデンの実験コーナー・アプリコットラボからN助手。まーしゃ‘S Caféが実験モードになるとフシギとやってくる実験担当(?)です。
早速「んー、がつんとスモーキーはこのお茶ならではですが、このスモーキーなテイストとスーっと鼻に抜けるミントが合わさるとフシギですね。。。たしかにチョコミント的な感じになります」と冷静に分析。確かに、このお茶、いろいろな素材や条件が加わると足し算ではなくかけ算で変化する要素があるようです。やっぱりミラクルなお茶だわー!
そして、「極み抹茶」です。「濃いですね。抹茶」とまずはクッキーのテイスティングをした後、お茶と一緒にいただいてみます。「ほぉ、一緒にいただくと、お茶のスモーキーさがマイルドになります。お菓子と一緒にいただいたときの変化も面白いです」とN助手。なるほど!いろんな変化を楽しめる感じかな?
そして、お茶JAZZ。今月のアーティスト「デューク・ピアソン」で「ベドウィン」です。もちろん、選曲は神奈川県農協茶業センター社員の“足柄茶イエロー”です。このところ忙しい様子だったけれど、来月も選曲よろしくおねがいしますね!
そうなんです!!次回はもう7月です。そろそろ夏のお茶かなぁ?


2014062619410001

こちらはキャンドルナイトのお茶遊び♪

| | コメント (0)

「本家本元(H14新茶)」&「開成ブランド 米粉クッキー」

2014061619570000_2


2014061619570001

おや?つい2、3日前に更新してたのに、もう?と思われる方。。。正解です!今回はいつもと違って月曜日です。なぜかというと、今週は月曜日の担当パーソナリティさんのご都合で番組の曜日を交代しているんです。なので、月曜!
週末はさんであっという間にやってきた「まーしゃ‘S Café」。前回の玉露で今年の新茶紹介は終了か?!と思いきや、まだ1アイテムあったのです。「本家本元」が。本家本元とはまだすごいネーミング。静岡の本山という産地のお茶。本山=本家本元なのだそうです!お茶の樹を作る事から取り組んだという特別な茶畑からのお茶です。
そして、お菓子は、先日まで「あじさい祭」が開かれていた開成町から、この度「開成ブランド」に認定された「米粉クッキー」です。水田とあじさいのコントラストが美しい「開成」ならでは!のスィーツですね。
いつもと様子が違う月曜日。でも、いつものスタッフくんを前にお茶を淹れます。「あ、なんかさっぱりしていますね」と、ちょっとフシギそうな顔。前回が超濃厚な玉露だったこともあり、有機栽培茶はちょっとあっさりな印象です。
そして、「米粉クッキー」。開成町の花あじさいにちなんで、クッキーの表面にチョコクッキーの小さなハートであじさいが描いてあります!立体的に絵柄が浮き出るレリーフのよう。「では」といって口に運ぶスタッフくん、さぞかし「ぼりぼり」と良い音がするのでは?と期待するも、「ほ、ほお、なるほどね」と至って静かにナットクしながら食べています。あとで、まーしゃもいただいてみてわかったのですが、ほろっほろっとしたやわらかい生地なのです!見た目からクリスピーな食感を想像していたのですが、すごくやさしい食感でびっくり!スタッフくん「カラダに良さそうです」とコメントをまとめてくれました。
さて、急遽月曜日にこのコーナーをおおくりしなきゃ!と思い立って間に合わなかったものがひとつ。。。毎回恒例のお茶JAZZ。このところ超いそがしいらしい(?)選曲担当の足柄茶イエロー(神奈川県農協茶業センター社員)と連絡がとれず。。。この部分だけは次回持ち越し!となったのでした。
さて、次回まで少し時間があるので、何か考えてみようかな?


| | コメント (0)

「八女 伝統本玉露 新茶」&「柴舟」

2014061219040000


2014061219040001

先月から続いてきた足柄茶・新茶の試飲会もそろそろ終盤。。。番組での新茶のご紹介もそろそろまとめに入る時期かな?今回はなんと!「玉露」の新茶の登場です。八女の栗原製茶さんから伝統本玉露の新茶を取り寄せてみました。
会わせるお茶うけは、「柴舟」。柴を積んで川面を渡る「柴舟」を模して作ったお煎餅だそうで、こちらは石川県金沢のお店のものです。
さて、“高級”というイメージから淹れる時から緊張する「玉露」。今回は急須ではなく宝鬢(ほうひん)で丁寧に淹れていきますよ!
お茶の葉多め、お湯はぬるめで少なめ、浸出時間は長め。。。ということで淹れた「伝統本玉露」。スタッフくんは開口一番「んー!濃い!甘い!」と力強い驚嘆のコメント。(だよねー!玉露だもん)まーしゃとしては、一煎淹れたあとの宝鬢の中のお茶の葉の色の濃さ・美しさにちょっと感動!やっぱりキレイだわ!
そして、お茶うけです。パッケージの封を切るなりふわっと香るしょうが。個性強かったらどうしよう?!と少々不安を覚えつつ、、、スタッフくん試食。「しょうがの香りがスゴく
生きてます!けど、これ玉露の甘味と合いますね」とナットクの表情。まーしゃもいただいてみましたが、確かにきりりと香るしょうががポイント!ですが、和テイストのおだやかな風味は玉露と合わせても主張しあわず調和する感じです。和食や和菓子って、やっぱり阿吽の呼吸で日本茶と合うようになっているのかな?
そんな今回のお茶JAZZは、今月のアーティスト「デューク・ピアソン」の「スウィート・ハニー・ビー」です。もちろん、選曲は神奈川県農協茶業センター社員の“足柄茶イエロー”です。最近忙しいらしいけれど元気かな?玉露の甘味とほんのり甘いしょうがの香りのお煎餅をいただきながら聴いてみましょう。
さて、次回はどんな展開に?!

| | コメント (0)

「伊勢茶 かりがね 新茶」&「絲印煎餅」

2014060519560000


2014060519560001

6月に入りました!入りました!!と言っていたら「梅雨入り」もしちゃいましたね!先週末は30度を超える猛暑(!)。梅雨入り前の気持ちいい季節〜蒸し暑い!〜暑い!!へと季節は流れていきます。そんな中、先週末、昨年の式年遷宮後初の「お伊勢まいり」に行ってきました。
今回は、新茶の季節♪ということで、伊勢茶のかりがねの新茶と、知る人ぞ知る名物ということで、「絲印煎餅」を購入してきました。
さっそくスタジオでお味をみていきましょう!かりがね(くき茶)の新茶は「まさに“お茶”という感じのバランスの良さですね。渋みや苦みも程よく効いてイイ感じです」と、スタッフくん。そして、絲印煎餅です!小分けされた包みを持つなり「か、軽いです!」とビックリしながら開けていき「な、七枚も入ってますー!」とまたオドロくという展開でお味見までが長いこと!一口大のほの甘い生地のお煎餅の表面には「絲印」という室町時代以降に中国から輸入されてきた生糸に添付されていた銅印を模した印影が押されています。見るといろいろな種類の模様(?)があり、なかなか風雅なお菓子です。お茶とお茶うけで旅で訪れた場所を味わえるってステキ♪
さて、月が改まってお茶JAZZも今月のアーティストが「デューク・ピアソン」になりました。
選曲担当の神奈川県農協茶業センター社員の“足柄茶イエロー”は、今回「アイム・グラッド・ゼア・イズ・ユー」をチョイス!お伊勢参りの余韻に包まれながら聴いていきましょう!
さて、次回はどんな展開に!?


| | コメント (0)

« 2014年5月 | トップページ | 2014年7月 »