« 「キャラメルほうじ茶 水出し」&「ホーランドオリジナルワッフル」 | トップページ | 「島根県産有機煎茶(氷出し)」&「山陰名産生姜糖」 »

「氷出し玉露(八女)」&「路芝」

2014072419250000_9


2014072419250001_5

恒例の「夏の弾丸ツアー」に行ってきました。(恒例といっても昨年から、ですが)今年はサンライズ出雲に乗って出雲大社にお参りし、松江〜尾道〜しまなみ海道・大三島〜松山〜徳島という3泊4日にしちゃ詰め込みすぎ(笑)なコース。途中いろいろなところでいろいろなお茶やお茶うけも購入したりして充実の旅でした。
今回は松江で見つけた「路芝」というお菓子をもとにお茶を考えます。いろいろ買ってきた中からどういう順番で紹介するか?!となると、やはり1番には日持ちするかどうか?というところが基準になります。今回買ってきたお菓子の中でも一番賞味期限が早く、単価的にも高級そう(!)なこの「路芝」が最初に登場となりました。なんでも千年昔の出雲路を表現したお菓子だそうで、カジュアルなティータイムというよりは「お茶席」に合いそうな感じです。合わせるお茶もやはり高級感あるものじゃないとー!ということで、夏になったら淹れよう!とおもっていた八女の玉露を氷出しにしてみました。(最小限のお道具でいかに淹れるか?ですわ)
コーナー開始を前に茶器にお茶を注ぐと思いのほか濃い金色。。。(おっと!)今回も濃すぎたか?とおそるおそるいつものスタッフくんにすすめると「あ、すっごく甘い!」と(肯定的な)オドロキの表情に。。。「このお茶の甘さって、お茶にお出汁でもいれたんですか?!っていわれちゃうような旨みがあるんですよね!」と(わかってるじゃないですか!!さすが!)コメントが続きます。で、お菓子は?「うーん、なんて言ったらいいんだろう?」食感や味をコトバにおきかえようとしばし視線が宙を泳ぐスタッフくん。胡麻の入った濃い緑色の生地をツイストしてある干菓子的なビジュアルの「路芝」。確かに何かに例えるとなると難易度高そうな?!。。。それでも「上品な甘さとほどよい堅さがいいですね白胡麻の香りが効いています」と、まとめてくれました。
そして、「日本のお茶をのみながら世界の曲を聴く!シリーズ」。今月はサッカーワールドカップ開催国ブラジルがお題です。今回はアル・ジャロウの「おいしい水」を聴きながら玉露の濃厚な甘味と上品な甘さの「路芝」をいただきながら涼みます。
さて、次回はどのお茶に登場してもらおうかな?

|

« 「キャラメルほうじ茶 水出し」&「ホーランドオリジナルワッフル」 | トップページ | 「島根県産有機煎茶(氷出し)」&「山陰名産生姜糖」 »

趣味」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« 「キャラメルほうじ茶 水出し」&「ホーランドオリジナルワッフル」 | トップページ | 「島根県産有機煎茶(氷出し)」&「山陰名産生姜糖」 »