« 「深蒸し茶(静岡)」&「聖 かぼちゃ」 | トップページ | 「茶茶花茶」&「きぬの清流 栗」 »

「片浦グリーンレモン+足柄茶」&「伏水 酒まんじゅう」

2014110618270000_3


2014110618280000_4
小田原の地下街「HaRuNe小田原」がオープンしましたね!新商品・新発売・新装開店。。。と新しいモノが気になるまーしゃは早速オープン初日に行ってきました。たくさんあるお店を見ていると地域の農産物や水産加工品や木製品、スィーツなどジモトのオイシイものがいろいろ揃っているのがウレシいところ。。。そんな中で、この時期話題(?)の片浦グリーンレモンを発見!したので今回はこの青いレモンの皮を使ってアレンジティーを作ってみる事にしました。秋・11月頃に小田原の片浦地区でとれるレモンはライムように緑色をしていて(中身は黄色いそうですよ)とても香りが良いのが特徴とのこと!これは使ってみなくっちゃ!ということで、地元の足柄茶と合わせていきます。
レモンの皮をピーラーで薄くむいて、2、3片をお茶と一緒に急須へ!熱めのお湯でサッと香りが出るように淹れて茶器にもレモンの皮を浮かべます。
うーん、良い香り♪
さて、お茶うけはどうしよう?と、今回チョイスしたのが、京都「伏水 酒まんじゅう」。え?なんで京都?(先週弾丸ツアーに行ってきたというのもあるけどね)というところにはあまり意味はなく(汗)賞味期限が迫ってる!というのがぶっちゃけ正直なところ(大汗)。
ではではスタジオで淹れて行きますよ!
久々登場のスタッフくん。「うわ!すごい香りですね。スタジオ中がレモンの香りです!」と入って来るなりオドロキの表情!さらに一口飲んでみて「すっきりしていて、しかも、お茶の味が美味しいです!」片浦レモンの香りと、普通蒸しの足柄茶って相性いいかも!
そして、お茶うけの「酒まんじゅう」です。「お!濃厚ですね。でも、この濃厚さが、すっきりしたレモンのお茶によく合ってます!」え?特段のコダワリがあったわけじゃなく“賞味期限”で選んだお茶うけなのに???「フシギと合う!」これはいかに!?チョイスした本人がびっくりな展開に!今回は京都の伏見のお酒をつかったおまんじゅうだけれど、これを地元の地酒を使ったスィーツでやってみたら楽しいかもー!?と、新たなコラボを思いついちゃった!(お告げが降りるとはこのこと!)
さてさて、月が改まって、「日本のお茶をのみながら世界の曲を聴く!シリーズ」!月が改まって今月はイタリアをイメージした曲ということで、ビゼオ・サンジュスト・カルテットのナンバーからおおくりしていきます。今回は定番(?!)「ソレントへ帰れ」を、さわやかな香りと濃厚な甘味につつまれて聴いてみましょう。
さて、次回は???またしてもびっくりな展開を模索中!


|

« 「深蒸し茶(静岡)」&「聖 かぼちゃ」 | トップページ | 「茶茶花茶」&「きぬの清流 栗」 »

趣味」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« 「深蒸し茶(静岡)」&「聖 かぼちゃ」 | トップページ | 「茶茶花茶」&「きぬの清流 栗」 »