« 「足柄茶 かぶせ茶」&「五家宝」 | トップページ | 「柚子緑茶 ほぐれ」&「柚子もなか」 »

「足柄茶 ひなたぼっこ」&「小田原梅の生ようかん」

Img_0001_2

慌ただしい師走とはいえ、ひなたぼっこをしながらぬくぬくとお茶を飲むゆとりがあったら!と思う今日この頃。その名も「ひなたぼっこ」という“足柄茶”を手に入れました。いつもの神奈川県農協茶業センターの商品ではなく、今回は藤沢のお茶やさん“茶来未”さんが、独自に火入れ・焙煎したもの。どんな仕上がりなのか?楽しみに淹れていきます♪
合わせるお菓子は。。。先月オープンした地下街HaRuNE小田原の北条楽市というお店で見つけた「小田原梅の生ようかん」。以前に番組でご紹介した「片浦レモンの生ようかん」の姉妹品。“ジンジャー入り”と聞いて気になっていたので、今回「ひなたぼっこ」に合わせて思い切って購入!ひなたぼっことジンジャーでじんわりとあったまろう!という作戦(?)です。
どちらもオシャレなパッケージから取り出して早速スタジオで淹れてみます。が、ここで大大誤算!生ようかんをスタジオで切り分けるのってことのほか大事業(汗)だったのだ!ちゃんとナイフも持ってきたので準備は万端!のはずなのだけど、あのようかんを覆っているアルミの包装がなかなかうまく外れず。。。コーナー入り前にばたばたな展開に!(大汗)ようやく今回“も”お味見担当の日曜日の使者(いつからそんな称号つけたん?)アプリコットラボのN助手(N助手は日曜朝の番組の実験コーナーで助手をつとめているのだ!)を迎えてスタートしたのはいつもより1曲半ほど(通常は1曲挟んでその間にお茶を用意している!)時間が経過してからとなりました。
そんなまーしゃの様子が伝わったのか?伝わらないのか?いつもどおりの冷静なコメントでまずはお茶「ひなたぼっこ」からコメントしていくN助手。「金色の濃い水色ですね」とまずは見た目から入り、「お、オトナな感じの足柄茶です。仕上げるお店が違うと同じ足柄茶でも雰囲気が随分変わりますね!なんというか、キリのようなピンポイントの強さを持ったお茶です」(ほほぉ。。。斬新な表現!)とすごいまとめ方で着地しました。
そして、切り分けるのに大汗をかいた「小田原梅の生ようかん」です。「この素材は、アプリコット教授が放っておかなそうな感じですね!」と、N助手はいつも日曜の番組で梅やみかんを素材に研究をしているアプリコット教授を真っ先に連想した模様。。。(ぜひ教授にも教えてさしあげてくださいな!)「梅系のスィーツはまず、さわやかな酸味が来るものですが、これは、まずジンジャー、そして、梅の酸味の時間差攻撃ですね」と、日頃から梅素材を知り尽くしているらしいコメント!「どちらも、オトナの上質なくつろぎにぴったりのアイテムです!」としめくくってくれました。
さて、「日本のお茶をのみながら世界の曲を聴く!シリーズ」!今月は南国♪ハワイワンクリスマス!今回は、バーニー・アイザクス&ジョージ・クオの「ウィンター・ワンダーランド」です。
さて、次回はどんな展開に???

|

« 「足柄茶 かぶせ茶」&「五家宝」 | トップページ | 「柚子緑茶 ほぐれ」&「柚子もなか」 »

趣味」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« 「足柄茶 かぶせ茶」&「五家宝」 | トップページ | 「柚子緑茶 ほぐれ」&「柚子もなか」 »