« 「足柄茶 あおい」&「しそまき」 | トップページ | 「くき茶ベースのさくら茶」&「さくらクッキー」 »

「若芽焙じ茶(足柄)」&「黄金ちんすこう」

Fullsizerender18


Fullsizerender19

先日、神奈川県農協茶業センターの足柄茶直売所の「感謝祭」に行ってきました。1日限りの企画だったのですが時間帯毎にいろいろなタイムサービスがあって、中でも気になったのは「若芽焙じ茶すくいどり」というイベント。この「若芽焙じ茶」というのは、このイベントでしか手に入らない非売品とのこと。文字通り若い芽の部分をほうじ茶にしたもので量もそう多くはないので「本当に先着順で無くなり次第終了ですよ!」と聞いてますます気になり。。。これは何がなんでもゲットしなくちゃ!と気合を入れて直売所に向かったまーしゃ。タイムサービスの時間にも間に合い(というよりかなり早く着いた!)無事すくいどりをすることができました。茶箱に入っている焙じ茶を大きめのスコップですくって(すくうのは1回限り!)こぼさないように袋に詰める!というめったにできない体験にワクワクしながら頂いてきた「若芽焙じ茶」早速淹れてみましょう!
合わせるお菓子は、その名も「黄金(くがに)ちんすこう」。「黄金」というあたりが焙じ茶っぽいかも?という(今回も感覚優先で)ことで一緒にいただいてみます。
「黄金」と書いて「くがに」と読むのは沖縄の方言だそうです。大雪なものが輝いている様を表すとか。まさに「若芽焙じ茶」の輝きにぴったり!(?)
今回もお味見はいつものスタッフくん。「若芽焙じ茶」を紹介するのに「わかめほうじちゃ」と音で聞くと「海草のワカメを想像してしまいがちですね。。。」とイイワケをしつつ淹れていきます。「香りはいわゆる“焙じ茶”です。若い芽という感じは。。。」と「若芽」の部分を探そうとしている様子のスタッフくん。「香ばしさはいつもの焙じ茶ですが、爽やかな後味がいいですね」とのこと。この爽やかさが“若芽”らしさなのかな?
さて、「黄金ちんすこう」です。いわゆる沖縄土産でいただくちんすこうとはちょっと趣がちがうまん丸のちんすこうです。この丸型はちんすこうの原型なのだそうです。
いつものちんすこうとは違う形状に文字通り目を“まるく”しているスタッフくん。「形はクッキーのようですが、味はしっかりいつものちんすこう」です。(なるほど!)「すっきりしたほうじ茶とも相性いいですね」と着地してくれました。
さて、日本のお茶を飲みながら世界の曲を聞くシリーズ。今月はひな祭りやお彼岸もあったので、日本に一時“帰国”中。今回は和太鼓の演奏・ヒダノ修一で「海老天」を。なんだか美味しそうなタイトルでお腹が空きそう(?)ですが、しっかりと食べ応えのあるまあるいちんすこうとすっきりな焙じ茶で小腹を満たしましょう♪
さて、次回はもう新年度!!いろいろ新しくなるこの時期にはどんなお茶がいいかな?


|

« 「足柄茶 あおい」&「しそまき」 | トップページ | 「くき茶ベースのさくら茶」&「さくらクッキー」 »

趣味」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« 「足柄茶 あおい」&「しそまき」 | トップページ | 「くき茶ベースのさくら茶」&「さくらクッキー」 »