« 2015年4月 | トップページ | 2015年6月 »

2015年5月

「如春園水出し新茶」&「森のどんぐりクッキー」

Fullsizerender35


Fullsizerender36

ふくふく新茶シリーズ(いつからシリーズ化よ?!)今回は、先日小田原銀座通り南街区でおこなわれた「まちなか 軽トラ市」で見つけたアイテムでまとめてみました。
お茶は小田原近郊の緑茶と紅茶の生産をしている「如春園」さんの新茶。軽トラ市では水出し茶の試飲が美味しかったので今回スタジオでも淹れてみたいと思います。
そして、お菓子は同じく地元でドライフルーツやナッツを販売している通称“ナッツくん”のお店「wara no bag」の「森のどんぐりクッキー」。“新茶”に“森”と、緑の雰囲気に包まれてコーナー突入です。
スタジオには冷蔵庫がないので、番組が始まる前にウォーターサーバーの冷水を分量の半分くらい注いでおいて常温で浸出。コーナー直前に冷たい水を分量まで注ぎ“冷たい”状態にします。「濃い!というか、しっかり浸出できている感じです」とスタッフくん。やはり最初常温で濃いめに淹れると“しっかり”した感じになるみたいです。
そして、「森のどんぐりクッキー」です。「ほんのり甘くて、たまごボーロみたいな優しい甘さですね。りすになった気分です!」とスタッフくんからは3年に一度出るか出ないか?!くらいのゼツミョーなコメントが。。。“りす”ねぇ?!しっかりと輪郭がはっきりしたお茶に優しい甘みのどんぐりクッキー。。。森の自然の恵みを楽しくいただけた気がします。
さて、次回はもう6月。しかし!ふくふく新茶シリーズ2015!まだまだ続きます!なんたって先日京都の竹村玉翠園さんからめずらしい品種の新茶が届いたばかり!ご紹介待ちの新茶があとからあとから。。。状態ですー!おたのしみにー!


| | コメント (0)

「手摘みの茶(静岡・両河内)」&「きぬの清流 茶の香り」

Fullsizerender33


Fullsizerender34


ふくふくと新茶をいただく幸せな毎日♪今回はなんと!高級茶の産地(!)といわれる静岡の両河内産の手摘みの新茶が届きましたよ!今回も気合いを入れて淹れてみましょう。合わせるお菓子は日光銘菓の「きぬの清流」の期間限定(?)「茶の香り」というこの時期ならでは!のアイテムを用意しました。
今回は、いつものスタッフくんに加え、お隣のスタジオで収録中だった平日お昼&月イチ土曜日の番組を担当しているビューティフルサマーこと美夏りんも一緒に賑やかにお味見です。
良い芽だけを人の目で見て手で摘んだ「手摘み」のお茶は、茎や古葉の混入もなく上質なお茶に仕上がることなどを説明しながら淹れていきます。
「うぁー!いい香りですー!」といつになくリアクションが早いスタッフくん。「鼻に抜けるようなすっきりした香りがいいですね」と美夏りん。
そして、「きぬの清流 茶の香り」です。「この“皮”の食感がなんともいえずいいですね」と美夏りん。いつものスタッフくんは「原材料に水飴、砂糖、はちみつ、とありますね」と原材料に注目。濃厚なお茶の風味と絶妙な甘みはやはり数種類の甘みをうまくブレンドして素材の持ち味を生かしているからこそなのでしょうね!
とびきりの新茶を囲んでおしゃべりの弾む楽しい時間になりました。
さて、ふくふくと幸せな新茶シリーズはまだまだ続くか!?

| | コメント (0)

「足柄茶 できたて新茶」&「松江 山の香」

Fullsizerender31


Fullsizerender32

夏を思わせる日差しの中、待ちに待った足柄茶の新茶がついに到来!今回は気合いが入ります!合わせるお菓子には、松江の「山の香」という和菓子を選んでみました。しっとりと重量感ある和菓子で新茶を堪能しようという計画です。
今年は、5月5日に100g1836円の「神撰」の発売でスタートした足柄茶の新茶ですが、今週「白梅」(100g756円)、「あやめ」(100g540円)が店頭に並び、ほぼすべての商品ラインナップが揃ったことになります。
袋の封を切ったときにふわっと香る新茶の香り♪は毎年この時期だけのお楽しみ♪今年いちばんの感動を味わっていきましょう!
スタジオにやってきたいつものスタッフくん「うわぁ!いい香りです。甘みと爽やかさがあって美味しいです」とテンション↑↑な模様。で、お菓子「山の香」を。。。「杣人好み」ってサブタイトルがついてますね。。。杣人ってなんだろう?」と包み紙からレポートしはじめたのはよかったのだけれど、「これって“きんつば”?みたいな感じっていうんでしょうか?」と食べてみてのコメントが少々ナゾな雰囲気に。。。「中にあんこがはいってるとか?」ときいてみれば、「やわらかいお餅のような生地で、くるみとかが入っていて。。。」と返ってくるではないですか!?“きんつば”で“お餅”??はてなマークをうかべつつコーナーを締めてから曲の間でまーしゃもいただいてみました。食べて納得!もちもちっとした生地にくるみやゴマがはいっていて“ゆべし”のようです。(“ゆべし”っていう名前が思い出せなかったのね?!)
幸せな新茶の香りとナゾが解けた爽快感はまさに五月晴れ!(笑)
さて、次回は??

| | コメント (0)

「足柄茶with湘南ゴールドサイダー」&「まるごとレモンパイ」

Fullsizerender29


Fullsizerender30

連休も明けていよいよ地元の足柄茶の新茶が店頭に並ぶ時期になりました!今週末には厚木で「新茶まつり」も開かれます(楽しみ♪)。
さて、そんな今回のお茶は。。。新茶!ではなく、地元足柄茶&ご当地サイダーコラボシリーズの第2弾!「足柄茶with湘南ゴールドサイダー」です。じつは、足柄茶コンシェルジュの活動の一環で今回新茶まつり会場で「足柄茶の新しい飲み方」を提案することになり、ご当地サイダーとのコラボ企画を極めるべく先日試作を敢行!新茶まつりの開催地に合わせて「湘南ゴールドサイダー」をお題にお茶の濃度やブレンド比率をいろいろと試して“これだ”というレシピを編み出してきました。素材として使うお茶は、片浦レモンサイダーとのブレンドでも使用した「足柄茶 抹茶入り緑茶ティーパック」。濃いめに水出ししたお茶を「湘南ゴールドサイダー」で“割る”感じでブレンドしていきます。
そんな今回の“サイダー”に合わせるお菓子は柑橘ツナガリで「まるごとレモンパイ」。パイの定番(?)ハート型のほんのりレモン色のパイにはレモンピールが入っているそうな。
今回は万全の準備でいつものスタッフくんを迎えてお味見開始です。「色はお茶の緑色が勝っている感じですね」と、まずは水色から。。。「味は〜」と、コメントしかけてなぜかフリーズするスタッフくん。「んー?香りはお茶で、味が湘南ゴールドで、、、お茶とサイダーが渾然一体としていてなんというか???」とビミョーな表情。もしかしてまた?とやや不安になりつつまーしゃもいただいてみました。なるほど!まずは「湘南ゴールドサイダー」そのものを味見してからでないとどこが「お茶」なのか?コメントしづらいのかも?こういう実験モードの時は「使用前/使用後」の比較って必要ねー!(教訓!教訓!!)
気を取り直して「まるごとレモンパイ」です。「レモンの風味が美味しいですー」といいながら、一枚まるごと頬張ってコトバに詰まるスタッフくん。ちょっとボリューミーでしたかね?!
さて、この「足柄茶with湘南ゴールドサイダー」。番組終了後社内で仕事をしていたN助手(日曜朝の番組の実験コーナー担当)にもティスティングしてもらいました。「お!お茶がしっかり主張してますねー!」と、また違う角度からコメントが。。。やっぱり感想には“個人差アリ”ですかね?!
さて、次回あたりそろそろ地元の新茶がご紹介できるかな?


| | コメント (0)

「おやいず新茶(静岡)」&「徳島いちごラングドシャ」

Fullsizerender27


Fullsizerender28

5月です!待ちに待った新茶到来!今回は静岡の小柳津(おやいず と読むそうです)の新茶です。わくわく。。。!合わせるお菓子は何にしようかな?いろいろ考えた末、黒に赤が鮮やかなパッケージの「徳島いちごラングドシャ」を選んでみました。桜の季節にいろいろと出回っていたいちごテイストのスィーツも、新茶シーズンが近づいてからは抹茶テイストのものへと移り変わってきているようです。“春の名残り”ともいえるいちごスィーツで春から初夏へ!流れる季節を感じながら淹れてみましょう。
スタジオにやってきたいつものスタッフくんを前に、地元・足柄茶の新茶の発売が待ち遠しい話などをしながら淹れてみれば、静岡のお茶らしく緑色の濃い水色のお茶。「まさに“お茶”っていう存在感ですね。新茶の香りも濃厚です」とスタッフくん。ふわっと広がる香りは間違いなく待ち望んでいた“新茶の香り”です。
そして、「徳島いちごラングドシャ」。「うゎー!口いっぱいにいちごのあまーい味と香りがひろがって美味しいです!」と、満面の笑みを浮かべるスタッフくん。甘酸っぱいいちごからさわやかな新茶の季節へ!って感じを体感できたかな?
さて、次回はもう連休明けですね。どんな展開になるかなぁ?

| | コメント (0)

« 2015年4月 | トップページ | 2015年6月 »