« 「またたび茶」&「一口レモン大福」 | トップページ | 「箱根山麓紅茶」&「カントリーマアム 焼き安納芋」 »

「島根県産有機煎茶」&「京ばあむサブレ」

Fullsizerender70


Fullsizerender71

10月!神無月ですね。実際には旧暦で!ということになるようですが、日本中の神様が出雲大社に集まるので、逆に出雲大社のある島根県では「神在月」というのだそうで。。。おお!そういえば島根県産のお茶があったなぁ。。。ということで、今回は10月突入記念!神在月(神無月)にちなんで「島根産有機煎茶」を淹れていきます。
合わせるお菓子は、、、?前回の教訓もあるので慎重に。。。ということで、オシャレな丸い箱にはいった「京ばあむサブレ」を用意してスタジオへ。
前回の前代未聞な展開のあと、実は日曜朝の番組の代打をつとめたまーしゃ。あこがれのアプリコット教授コーナーにも相互乗り入れ(!)を果たし、この番組にもあるお茶のコーナーでは、用意していただいた「きびだんご」に「足柄茶」(桃太郎と金太郎の共演ですな)を合わせてご紹介し“無難なところ”で、当日も担当だった“いつものスタッフくん”にはとりあえずの名誉挽回となったのだけれど、番組上は今回の展開が注目されているところ(だと勝手に思い込んでいるまーしゃ)。
「前回の件もあるので〜」とかいいながらスタッフくんを前にお茶を淹れていきます。「あ、なんだか旅館で出てくるお茶の香りがしますー!」と、のっけから斬新な表現で香りを語るスタッフくん(この場合の旅館とは、仲居さんがいいお茶を急須で淹れてくれるクラスの旅館を指すようです)。「うん、旅館のお茶のような間違いない美味しさです」と、今回は“旅館のお茶”でまとめてくれました。
では、お菓子は??一口で食べるにはやや大きめのまあるいサプレをぱくっとほおばり「んぬ!おいひいです」ともごもごしつつコメントを始めるスタッフくん。「お抹茶の味が濃厚で上品な美味しさです」と着地。「前回とはえらい変わりようですね」とコーナーをシメてくれました。ま、振れ幅大きい方が展開としちゃ面白いでしょ?と、ココロの中で負け惜しみを言いつつ、冒険はほどほどにしなくちゃ!と、この秋はオーソドックスなお茶を淹れてみようか?とココロに決めたまーしゃなのでした。

|

« 「またたび茶」&「一口レモン大福」 | トップページ | 「箱根山麓紅茶」&「カントリーマアム 焼き安納芋」 »

趣味」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« 「またたび茶」&「一口レモン大福」 | トップページ | 「箱根山麓紅茶」&「カントリーマアム 焼き安納芋」 »