« 「3年熟成番茶」&「抹茶しるこサンド」 | トップページ | 「高級白折茶」&「おから抹茶ぼうる」 »

「ほいろ仕上げの山のお茶」&「もうひとつ」

Fullsizerender91


Fullsizerender92


12月もあっという間に3分の1が過ぎ去り、そろそろ大掃除やお正月準備も本番!というところでしょうか?そんな年末進行キックオフにあたり、ちょっといいお茶とお菓子でパワーをチャージしたい!と思うのはまーしゃだけ?(何かにつけ理由をつけてお茶にしよう!とする習性??)実は、仙台のお土産にあの有名なモナカのお店の「もうひとつ」という名前の干菓子をいただいたので、ちょっといいお茶を淹れて食してみたいというのもあり。。。
今回は「ほいろ仕上げ」のお茶というのをあわせてみることにしました。お茶の製造の最終工程の火入れ作業を機械ではなく「ほいろ」を使って手作業でしているというので興味津々です。
早速スタジオで、久々登場のいつものスタッフくんを前に淹れていきます。「ん?なんかすっきりしていますね。あまり主張する感じではなくすいすいと入ってくる感じです」と、ゴクゴク飲んでるスタッフくん。なるほど、まろやかな感じです。
で、「もうひとつ」。「なんかちっちゃい鉄アレイみたいな格好ですね」といいながらスタッフくん、ぽりぽりと食べはじめました。「うん、香ばしくて上品な甘さです。これは“もうひとつ”たべたくなりますね」というので、まーしゃもいただいてみました。ほんのり上品な甘さで麦こがしのような香ばしさがあります。品の良さと素朴さが同時に味わえる感じです。「今日はお茶もお菓子もついつい止まらなくなる感じですね」と、スタッフくんがまとめてくれました。
さて、次回はどうしようかな?

|

« 「3年熟成番茶」&「抹茶しるこサンド」 | トップページ | 「高級白折茶」&「おから抹茶ぼうる」 »

趣味」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« 「3年熟成番茶」&「抹茶しるこサンド」 | トップページ | 「高級白折茶」&「おから抹茶ぼうる」 »