« 2016年4月 | トップページ | 2016年6月 »

2016年5月

「宇治茶 新茶(竹村玉翠園)」&「越前塩羽二重餅」

Fullsizerender140


Fullsizerender141

新茶シーズン♪足柄茶コンシェルジュの活動で今月は試飲会や呈茶活動などいろいろなところでお茶を淹れているまーしゃ。先週末は小田原・板橋の松永記念館老欅荘で足柄茶の新茶の中でも最上級の「神撰」をご紹介してきました。人肌の温度まで冷ましたごく少量のお湯でじっくりと浸出した一煎目の濃厚な旨味・甘味から、温度を徐々に上げながらさわやかな渋味・苦味の三煎目まで蓋碗を使ってあますところなく味わっていただき“新茶”を堪能するお席。お天気にも恵まれたくさんのお客様におこしいただきました。
さて、今回はスタジオでも新茶の“真髄”を味わっていきますよ!楽しみにしていた京都・宇治の新茶が竹村玉翠園さんから届きました!黄金色に透き通る「宇治茶」の新茶!上手に淹れられるかな?
一人分5グラムのお茶を70度から60度のお湯60mlで1分間浸出、とパッケージにあったので、コーナー入りの3曲前からお湯をさまし始め、バタバタしないよう着実に準備!コーナー突入と同時にいい頃合いで“黄金色”の新茶が入りました!
「わぁーいい香りです」と、席につくなり香りからコメントをはじめるいつものスタッフくん。「んー!いいお茶って感じです。この甘さは格別です」と感動の面持ち。
では、“塩羽二重餅”行ってみよう!「やわらかーいお餅です。塩といっても“しょっぱい”感じではなくてほんのり上品な“塩気”ですね」といいながらお茶を飲み干し「おいしいのでもっといただきたい感じです」と着地しました。
おかわりしたくなるプレミアム感!って感じでしょうか。
さて、新茶シリーズ2016!次回はどんな展開に??

| | コメント (0)

「足柄茶 白梅 新茶」&「津久井城大豆せんべい」

Fullsizerender138


Fullsizerender139

新茶シーズン真っ盛り!先日は足柄茶コンシェルジュの活動で相模原市緑区(以前の津久井町ですね)にある農産物直売所で行われた新茶まつりのお手伝いをしてきました。このとき、新茶をご紹介するお茶席で用意されていたのが、地元津久井の特産「津久井在来大豆」の味噌をつかった「つくい味噌せんべい」。一辺が10センチもあろうかという大きな揚げせんべいの片面には味噌が塗ってあり、食べ応え満点!あまりのインパクトに圧倒されたまーしゃは番組でこの“津久井のおせんべい”と足柄茶の新茶をご紹介したい!と、今回新茶まつりの会場になった直売所「あぐりんずつくい」で、「津久井城大豆せんべい」を買ってきました!(さすがに1辺10センチ四方だとコーナーの時間内に食べきれないので、食べやすいサイズのものをチョイスしました)
合わせるお茶は当然!足柄茶。神奈川県産100%の「白梅」の新茶です。こちらも神奈川県農協茶業センターの直売所で新茶の限定パッケージを入手しましたよ!
早速、スタジオで淹れていきます!今回のお味見は久々登場いつものスタッフくん。
まずは「白梅」から!「うわぁ、やわらかいやさしい香りで、すっきりした印象ですが、後味はしっかりしてますね」と、一気にまとめてくれました。前回のN助手の「ふわっと」と「しっかり」が今回もキーワードなのかな?
そして!「津久井城大豆せんべい」です。「見た目が某◯ッピー◯—ンに似てますね」と、某有名メーカーのおせんべいに例えるスタッフくん。(たしかに似てるけどね)そして、サクサクと食しながら「この◯ッピーパウダー!いいですね!これ気に入りました!」と、まぶしてある粉のことも某◯ッピー◯—ン用語でコメントしちゃう。。。「あ、でも、後味にすごい大豆!っていうか、きな粉の香ばしい風味がきます!」と最後は大豆の風味をしっかりあじわって着地!津久井在来大豆おそるべし!地の素材をつかったお菓子に地元のお茶!やっぱり足柄茶の育つ神奈川県の風土ってすばらしい♪と、地元の素晴らしさを再認識したお茶の時間でした。
さて、次回はどこの産地の新茶かな?おたのしみにー!!


Img_0773

これがつくい味噌せんべい

| | コメント (0)

「足柄茶 山吹 新茶」&「OREO抹茶クリーム」


Fullsizerender137

連休は終わってしまったけれど、新緑のまぶしい気持ち良い季節です。先日は知人の茶畑にお茶摘みのお手伝いに行ってきたまーしゃ。まばゆいばかりの新茶を黙々と摘みながら山を渡っていく風とお茶の香りに癒されるひと時をすごしてきました。
さて、今回は待ちに待った足柄茶の新茶の登場です!上級煎茶から順次発売になるので、今回は100g1300円の「山吹」を淹れていきます。
合わせるお菓子は「OREO」の「抹茶クリーム」をチョイスしました。
スタジオにやってきたのは前回に引き続き日曜朝の実験コーナー“出身”のN助手。「今回も新茶ということは。。。75日+75日で150日も寿命がのびるわけですね」と、ふくふくした笑顔で登場です。しかも今回は上級煎茶!さらに“ふく”が増す感じ?!
さっそくお湯を丁寧にさまして淹れていきます。「水色はいわゆる足柄茶の“金色透明”ですね」とまずは水色から語るN助手。「んー!しっかりした味わいですね。香りはふわっと旨味はしっかり!という感じです」とうまいことまとめてくれます。
そして、「OREO抹茶クリーム」です。「いわゆるOREOなんですが、クリームが抹茶の鮮やかな緑です」と、こちらも色から入り「こちらもしっかりココア風味でふわっと抹茶が香る感じですね」と着地しました。今回のキーワードは「しっかり」と「ふわっと」かな?!
さて、次回はどんな新茶が登場かな?

Fullsizerender136


| | コメント (0)

「知覧茶 新茶」&「抹茶まころん」

Fullsizerender134


Fullsizerender135
小田原最大のイベント!北條五代祭りも無事おわり、祭りの余韻にひたる連休の谷間。。。待望の新茶シーズン到来です!閏年の今年は5月1日が八十八夜でしたね。今回はそれより早く4月のおわりには手元に届いていた鹿児島・知覧の新茶です。
合わせるお菓子はお江戸日本橋の老舗が手がけた「抹茶まころん」。京都宇治のこれまた老舗の抹茶を使用しているそうです。東西老舗コラボ?的なお菓子と今年一番の新茶!早速淹れていきましょう。
まずは、「新茶 FRESH TEA」のステッカーも眩しい知覧茶のパッケージをあけてみます!(わくわく!)封を切るなりふわっと新茶の香り♪(これこれ!)今回はN助手(日曜朝の番組の実験コーナーでは最近“永久名誉助手”になっちゃってるらしい。。。)と一緒にお味見していきます。飲めば75日寿命が伸びるといわれる新茶!深蒸しらしい濃い緑色のお茶を前に「キレイな緑色ですねぇ」とまずは水色から描写していくN助手。「お、思ったよりもしっかりとした渋みがあって、それでいて、フレッシュな香りです。新茶らしく、すっきりとしていますね」と味や香りをいろいろな面から味わっている様子です。
そして、「抹茶まころん」です。「見た目と食感が違う感じが新鮮です。見た目はサクサクした感じかな?と思うんですが、実際食べてみるとザクザクした食感で抹茶が香ります」と、文字通りザクザクといい音をさせながらまころんを食すN助手。
「フレッシュな新茶の香りとやさしい甘さが合いますね」と、まとめてくれました。
さて、次回はどこの新茶が届くかな?


| | コメント (0)

« 2016年4月 | トップページ | 2016年6月 »