« 「宇治茶 新茶(竹村玉翠園)」&「越前塩羽二重餅」 | トップページ | 「手摘みの茶(静岡両河内産)」&「伊勢茶まんじゅう」 »

「手摘み新茶(山北町産)」&「宇治抹茶のショートブレッド」

Fullsizerender142


Fullsizerender143

6月に入りましたね。新茶のシーズンも一段落?!いえいえ、まだまだ行きますよー!今回は待望の“あの新茶”です。5月初めに茶摘みのお手伝いに行った茶園の新茶(荒茶)が届きました!茶畑に入って“一芯二葉”で手摘みしたあのお茶の葉が“お茶”になって手元に届くというこの感動!!お茶との対面を楽しみにしながらのコーナー入りです。
合わせるお菓子は、コンビニに並ぶお茶フレーバーのお菓子の中から膨張剤や香料を使っていないナチュラルさがウリの「宇治抹茶のショートブレッド」を選んでみました。
今回は、無農薬無肥料で育てたお茶を手摘みで!というお茶なので、低温でじっくり淹れたらどんな感じになるかなぁ?と、お湯は前回の宇治の新茶なみに冷まし、たっぷりと時間をかけて浸出していきます。
封を切るなりふわっと新茶のいい香り♪じっくり冷ましたお湯でゆっくりと葉が開くのを待って湯のみに注ぐと綺麗な山吹色の水色です。
スタジオにやってきたいつものスタッフくん「お!なんかすごくさっぱりした感じですね。それでいて後味にほんのり玉露みたいなあの“海苔”のような香りがします」と驚きの表情で語り始めました。無農薬無肥料のお茶だからかな?と思っていたら「本来のお茶ってこういう感じなんでしょうね」とまとめてくれました。
そして、「宇治抹茶のショートブレッド」です。こちらもナチュラルがテーマ♪「自然な香りで味も濃くないので、このお茶にぴったりです。これでお菓子の味が濃かったらせっかくのお茶がもったいないですものね。いい組み合わせだと思います!」と、今日のスタッフくんはなにか神的(?)なコメントで着地しました。
やっぱり自分で摘んだお茶を自分で淹れて飲むことができるってやっぱり“感動”です。
さて、次回は? 実はまだ新茶のストックあるんですよ!もう行けるとこまで行くよー!(笑)

|

« 「宇治茶 新茶(竹村玉翠園)」&「越前塩羽二重餅」 | トップページ | 「手摘みの茶(静岡両河内産)」&「伊勢茶まんじゅう」 »

趣味」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« 「宇治茶 新茶(竹村玉翠園)」&「越前塩羽二重餅」 | トップページ | 「手摘みの茶(静岡両河内産)」&「伊勢茶まんじゅう」 »