« 2016年6月 | トップページ | 2016年8月 »

2016年7月

「ぶくぶく茶」&「抹茶ちんすこう」

Fullsizerender159


Fullsizerender160

明けましたね!梅雨。今年は夏休みの計画もたたぬまま本格的な真夏に突入してしまったまーしゃ。今回はお昼の番組のパーソナリティー“ビューティフルサマー”からいただいた沖縄のお土産のお茶を“夏休み気分”で淹れてみましょう。(←とか優雅なことを言っていてもこれがなかなか。。。)なんと!その名も「ぶくぶく茶」。“もこもこ泡が香ばしい不思議なお茶タイム♪”というサブタイトル(?)とともに、裏面の説明には「名前の通りブクブクと泡を立て、ソフトクリームのように真っ白いその豊かな泡を飲む」とあります。
噂には聞いていたけど、まさかコレを自分が淹れることになるとは!!
まーしゃも沖縄には行ったことがありますが、それはお茶の勉強を始めるずっと前のこと。今だったら間違いなく現地でチェックしてくるハズですが、当時は存在も知らなかったので実際にこのお茶を飲んだことはないんですよ。で、実物の雰囲気がつかめないままのチャレンジと相成りました。
合わせるお菓子は、“ビューティフルサマー”から「ぶくぶく茶」と一緒に!といただいた「抹茶ちんすこう」です。もうキマリ!って感じですね。
さて、お茶の淹れ方です。なんでも、パッケージ裏の作り方には、「硬水」を用意。とあるので、前日スーパーやドラッグストアをハシゴして硬水を購入するところからスタート。普段ミネラルウォターの硬度ってあまり気にしていないけれど、いざ「硬水」となるとあまり店頭には並んでいないのですね(勉強になりました)。そして、この「硬水」500mlを沸騰させ、炒り米を入れて10分から15分ほど煮出して炒り米を取り除き、急須にさんぴん茶と煎茶をいれたら500mlのお湯で浸出し、大きめの器に炒り米湯とさんぴん茶と煎茶の茶湯をいれて泡立てて、器に注いだお茶の上にこの泡をのせて落花生をトッピングする。。。と、あります。
スタジオでお湯を沸かして炒り米を煮出す!ことはできないので、ここまでの手順は家で仕込んでおかなくちゃ!神妙に“硬水”を沸かし、炒り米を投入して待つこと15分。香ばしい炒り米湯ができました。これをポットに詰めて、別に沸かした“硬水”をこれまた別のポットにつめて、泡立て器とか茶せんとか。。。普段とはだいぶ違うお道具満載でスタジオへ。
“万が一”の場合に備えて、いつものスタッフくんには「もしもの時にはミキサー代わってね」とお願いし(通常のGoodday!はワンオペでお送りしてます!)、6分13秒という長めの尺の曲をかけながら、お茶淹れ開始です。
大きめのポットにさんぴん茶と煎茶のティーバッグをいれて持ってきた硬水のお湯を注いで浸出し、炒り米湯とポットのお茶を計量して同じ器にいれたら泡立てます!
やっぱりスピードが大事よね!とおもって電動の泡立て器をもってきたのですが、、、これが、跳ねる!!!あやうくスタジオをしぶきが舞う事態になりかけ(汗)電動泡立て器退場。ここは“電動”ではなく“伝統”の「茶せん」でしょう!と、茶せんを取り出しシャカシャカするも、、、泡立た?ない?いや、正確には泡にはなるのですが、お抹茶の泡どまり。。。どうしたらこれがもこもこと盛り上がる泡になるんだろう??と、アセるアセる。。。そうこうするうちに曲がおわってしまい(番組史上初の“万が一”な事態だわー)ミキサー席には戻れず、茶せんをにぎったままコーナー突入!ひとまず、お抹茶の泡状のものをお茶の上にちょこっとのせていつものスタッフくんに差し出してみます。「お、飲みやすいお茶ですね。ジャスミンの香りがほんのりしてさっぱりと飲めるお茶です」と、お茶については好印象!で、「抹茶ちんすこう、いってみますー」と続いてお菓子の紹介まで進めてくれます(その間もなおも茶せんでシャカシャカは続く。。。)「抹茶の濃厚な風味ががつんと効いたちんすこうです!お茶がさっぱりとしているのでこの濃厚さがちょうどいい感じです」とキレイにまとめてくれましたが、泡は“お抹茶”状からやっと“生ビール”状に“育った”程度。。。それでも雰囲気はこんな感じ?!と、いうことで写真を撮ったところでコーナー終了!となりました。
これはやはり現地でホンモノを体験し、泡立てについては十分な“練習”を重ねてからでないとー(大汗)という結論に達したのでした。泡をキレイにたてるのは湯の“温度”なのか?それとも泡立てる“根気”なのか?←ここ検討事項!現地調査が必要かな?!
うーん、夏の沖縄かぁ!いいなぁ〜!!と、モウソウだけは“夏休み気分”にひたる夕暮れ。。。さて、次回はどうしようかな?


| | コメント (0)

「ミント緑茶」&「ポルテかをる抹茶」

Fullsizerender157


Fullsizerender158

梅雨が明けるか?と思いきや、またしても雨模様。。。今回も前回に引き続き「ミント緑茶」を淹れていきます。ホットでもアイスでも美味しいこのお茶。前回はさんざん悩んだ挙句、一週間もたてば梅雨も明けているはず!だったら、まずはホットから!と大決断して温かいお茶を淹れたのでした。しかーし!冷たいお茶を淹れる予定の今回は前回以上に涼しい!しかも雨降ってる!うーん、人生なんてそんなものさ!
しかも!前回、お味見にきたスタッフくんが、「このお茶、きっとチョコと合いますよねー」的なコメントをしていたのが気になり、チョコを合わせようと思っていたのだ!この時期チョコを持ち歩くと溶けちゃう恐れがあるので直前に調達しよう!と、氷を買いにいきながらお菓子も買ってくる予定だったんだわさ!
かくして、雨の中、めずらしく(基本雨降ると外のコンビニにはいかないまーしゃ←どんだけものぐさやねん!)傘をさして氷とお菓子のお買い物!という展開になりました。
購入してきたお菓子は抹茶のホイップクリームの入った「ポルテ」。なまじチョコミントフレーバーのものよりお茶のミントが際立つかも?!な展開を狙ったチョイスです。
予想外の展開にわらわらばたばたと準備をしていよいよコーナー突入!
やってきたいつものスタッフくん「おー!冷茶なのにミント香りますねー」とさわやかな顔でコメントしはじめました。「うーん、つめたくて美味しい!」季節外れの肌寒さのワリには好印象ですよ。
そして、「ポルテ」です。「表面のココアパウダーがいいですね。これで一緒にお茶をいただくと。。。おいしーい!後味すっきり!です」とスタッフくん大絶賛!
「暑い日にお客様にこのお茶出したら喜ばれますね!」と太鼓判を押してくれました。
チョコとミントのテッパンな組み合わせにお茶という最強アイテムがおりなすティータイム。
気温は低くても湿度の高い日には良いかも?!
さて、次回はどうしようかな?また空模様をみながら考えますー!

| | コメント (0)

「ミント緑茶」&「抹茶キャラメルポップコーン」

Fullsizerender153


Fullsizerender156

真夏の日差しが照りつける日があるかと思えば、一転梅雨空。。。今回はすっきりさわやか!な気分になれる「ミント緑茶」を用意しましたよ。ホットでもアイスでも淹れられるお茶!ですが、今回はどっちにしようー。。。悩みます。
アイスで淹れるには氷を買いにコンビニに走らねば!ですが、雨が降るとねぇ。。。とにかくギリギリの時間まで待ってみて、雨降ってたらホット!降ってなかったらアイス!と心にきめて外に出てみると。。。降ってない!蒸し蒸しするけど、涼しい。うーん、氷は買いにいけるけど、これで次回がカンカン照りの真夏日だったりしたらホットはイヤだしなぁ、と、また悩み、、、とりあえず氷を買ってきてみたもののまた悩む。。。
ちなみに今日のお菓子は、「抹茶キャラメルポップコーン」♪ホットのお茶向きかな??
悩んで悩んでコーナー突入!
結局、次回はもう子どもたちの夏休み期間に突入してるしー!と、いうことで、今回ホットで淹れることを決心!!
やってきたのはいつものスタッフくん。「香りはふわっとミントですね」と、まずは香りからコメント。「うーん、飲んでみても鼻にぬけるミント!でも、お茶のさっぱりした後味はこの時期いいですね。と、テンポ良く進行!サクサクとポップコーンをほおばり「ポップコーンが“お茶”なテイストです、後味のお茶がこのお茶と合う感じですが。。。」と着地するかと思いきや「実は、さっき、いただきモノのチョコクッキーを食べてたんですけど、、、このお茶ってチョコにも合いますよね!」と、予想外の展開に。。。たしかに!チョコと合わせたら“チョコミント”なわけだ!!うーわー!気になるー!!やってみたいー!!!
実は次回のお菓子の候補を考えてあったのだけど、、、どうしようかなー?(また悩むー!)

| | コメント (0)

「Sencha Rose*Mint」&「TIGRESSE」

Fullsizerender154


Fullsizerender155

梅雨明け前なのに暑い日が続いていますね。今回は満を持して!の登場「Sencha Rose*Mint」を淹れていきますよ!
この「Sencha Rose*Mint」は、京都の竹村玉翠園さんの限定商品で“京都・伏見で農薬を使わずにバラを育てていらっしゃる「おくだばらえん」さんのバラ。「竹村玉翠園本舗」が選んだ、京都・和束の煎茶。オーガニックのミント。”をブレンドして仕上げた夏向きのお茶!なのだそうで、なんだかすごいコラボ!!とピンと来てしまったのです。
そして、合わせるお菓子は、先月末にPTAのバス旅行で群馬方面に出かけた際にあの超有名なラスクの会社のお店で購入してきた(ラスクではなく)「TIGRESSE」(ティグレス)という焼き菓子です。
お茶のパッケージにある淹れ方によれば。。。熱湯50mlをバラがよく浸るように注いで30秒。それに、氷と水を合わせて150mlにしたものを注いで5分待つ。とあります。
うーん、合計で5分30秒かぁ。。。ということで、6時のニュース明けの曲は尺が6分13秒ある曲をチョイス!(それでもぎりぎりだわぁ!)
手順をアタマの中で何度もシミュレーションし、手際よく淹れたらコーナー突入です。
曲オワリ10秒前になんとか写メを撮って着席!(でも写真にある茶器はお茶を注ぐ前の状態!)近年稀に見るスリリングな展開でしたが、なんとかクリア!(本題はここからだってば!!)やってきたいつものスタッフくんと一緒にお味見です。
「うーん、いい香りですね。お湯で淹れたお茶と違って湯気と一緒にふわっと香る、ということはないんですけど、口に含むとバラとミントがふわっ!きりっ!ときますねー!そして、なにより、ポットの中で開いたバラの花がすっごくキレイです」と、いつになく饒舌なスタッフくん。たしかに、この香りと見た目は女子じゃなくてもテンション↑上がりますね!ガラスのポット(スタジオで使っているのはガラスの急須なんですが)を使ってお花がいっぱい♪のビジュアルも“魅せる”のがいいかも?!
そして、「TIGRESSE」です。アーモンドプードルとバターをたっぷり使ったチョコレートケーキということで「ちょっとずついただきますね」と上品に食し始めたスタッフくん。「なんとも気品あるお味で今日のお茶の優雅な感じにぴったりです」と、まとめてくれました。
蒸し暑い梅雨時の夕暮れがなんだかさらっと優雅な空気に包まれてしまったような感じです。
さて、次回はどうしようかな?!

| | コメント (0)

「山北町産手摘み茶・氷水出し」&「七夕おかき」

Fullsizerender151


Fullsizerender152

7月突入!梅雨明けはまだですが、今年も夏のお茶シリーズを始めましょう!
じつは、新茶シリーズが一段落したら淹れようと先月末にスペシャルなお茶を入手し、それに合うように、とPTAの旅行(!)で行った先で“これだ!”というお菓子を購入して準備を進めていたのですが。。。ふと、今年の七夕っていつ?と気になりだし。。。調べてみたら木曜日!金曜日のコーナーで七夕にちなんで何か考えるとすると七夕の前に紹介できるのは今回しかない!(次回だと“昨日七夕だった”になっちゃうもんね。←やっぱりこういう季節の行事は先取りだよねぇ!)ということでわらわらと予定変更!今回は、“あの”自分で摘んできた山北町の茶畑のお茶を話題の(?)氷水出しで淹れてみる!ことにしました。合わせるお菓子は季節感たっぷりの「七夕おかき」。
久々にコンビニで氷を購入してスタジオ入り。急須にお茶を分量いれたらお湯ではなくて“氷”を詰めてじっくりと溶けながら浸出するのを待ちます。なんたって4時間の生放送!準備の時間から浸出すれば余裕で間に合いますー!
6時のニュースあけでスタジオにやってきたのは、金曜Goodday!のあと7時から生放送の釣りの情報番組Big Fishの“店長”ハリーくん。(仮想の釣具店という設定の番組ですから“店長”ですw)氷水出しの説明を頷きながら聞き、いざ!お味見です。「水色も濃いですが、味も濃いですね。氷で淹れてこんなに濃くでるんですね!」とオドロキの表情。無農薬無肥料のお茶ということなのですが、後味にしっかり旨味を感じます。
そして、「七夕おかき」です。かわいい星型のおかきがいっぱい詰まっているパッケージには“醤油に青海苔、シークワーサーの砂糖がけ、、、”と説明の(?)短冊がついているのですが、、、「ピンクの星を食べてみます!」と食し始めたハリー店長「んー?シークワーサー?なんですかねぇ??黄色は色からしてもシークワーサーだとおもうんですが。。。このピンクはー??」と、ちょっとビミョーな表情です。あとで両方食べてみたのですが、黄色は確かにシークワーサーで、ピンクはフツーのお砂糖?!のようでした。
冷たいお茶と星型のおかきで夏の訪れを感じるひととき。。。調べてみたら今年の平塚の七夕は8日の金曜日からだそうで。。。なーんだ!次回でもよかった?と思ったり思わなかったり?!←やっぱり季節は先取りが正解でしょう!!
と、いうことで、次回は気合を入れて用意したスペシャルなお茶を淹れていきましょうね!(上手に淹れられるかな?)ご期待くださいー!


| | コメント (0)

« 2016年6月 | トップページ | 2016年8月 »