« 「ミント緑茶」&「ポルテかをる抹茶」 | トップページ | 「日向夏煎茶」&「ポンジュースもち」 »

「ぶくぶく茶」&「抹茶ちんすこう」

Fullsizerender159


Fullsizerender160

明けましたね!梅雨。今年は夏休みの計画もたたぬまま本格的な真夏に突入してしまったまーしゃ。今回はお昼の番組のパーソナリティー“ビューティフルサマー”からいただいた沖縄のお土産のお茶を“夏休み気分”で淹れてみましょう。(←とか優雅なことを言っていてもこれがなかなか。。。)なんと!その名も「ぶくぶく茶」。“もこもこ泡が香ばしい不思議なお茶タイム♪”というサブタイトル(?)とともに、裏面の説明には「名前の通りブクブクと泡を立て、ソフトクリームのように真っ白いその豊かな泡を飲む」とあります。
噂には聞いていたけど、まさかコレを自分が淹れることになるとは!!
まーしゃも沖縄には行ったことがありますが、それはお茶の勉強を始めるずっと前のこと。今だったら間違いなく現地でチェックしてくるハズですが、当時は存在も知らなかったので実際にこのお茶を飲んだことはないんですよ。で、実物の雰囲気がつかめないままのチャレンジと相成りました。
合わせるお菓子は、“ビューティフルサマー”から「ぶくぶく茶」と一緒に!といただいた「抹茶ちんすこう」です。もうキマリ!って感じですね。
さて、お茶の淹れ方です。なんでも、パッケージ裏の作り方には、「硬水」を用意。とあるので、前日スーパーやドラッグストアをハシゴして硬水を購入するところからスタート。普段ミネラルウォターの硬度ってあまり気にしていないけれど、いざ「硬水」となるとあまり店頭には並んでいないのですね(勉強になりました)。そして、この「硬水」500mlを沸騰させ、炒り米を入れて10分から15分ほど煮出して炒り米を取り除き、急須にさんぴん茶と煎茶をいれたら500mlのお湯で浸出し、大きめの器に炒り米湯とさんぴん茶と煎茶の茶湯をいれて泡立てて、器に注いだお茶の上にこの泡をのせて落花生をトッピングする。。。と、あります。
スタジオでお湯を沸かして炒り米を煮出す!ことはできないので、ここまでの手順は家で仕込んでおかなくちゃ!神妙に“硬水”を沸かし、炒り米を投入して待つこと15分。香ばしい炒り米湯ができました。これをポットに詰めて、別に沸かした“硬水”をこれまた別のポットにつめて、泡立て器とか茶せんとか。。。普段とはだいぶ違うお道具満載でスタジオへ。
“万が一”の場合に備えて、いつものスタッフくんには「もしもの時にはミキサー代わってね」とお願いし(通常のGoodday!はワンオペでお送りしてます!)、6分13秒という長めの尺の曲をかけながら、お茶淹れ開始です。
大きめのポットにさんぴん茶と煎茶のティーバッグをいれて持ってきた硬水のお湯を注いで浸出し、炒り米湯とポットのお茶を計量して同じ器にいれたら泡立てます!
やっぱりスピードが大事よね!とおもって電動の泡立て器をもってきたのですが、、、これが、跳ねる!!!あやうくスタジオをしぶきが舞う事態になりかけ(汗)電動泡立て器退場。ここは“電動”ではなく“伝統”の「茶せん」でしょう!と、茶せんを取り出しシャカシャカするも、、、泡立た?ない?いや、正確には泡にはなるのですが、お抹茶の泡どまり。。。どうしたらこれがもこもこと盛り上がる泡になるんだろう??と、アセるアセる。。。そうこうするうちに曲がおわってしまい(番組史上初の“万が一”な事態だわー)ミキサー席には戻れず、茶せんをにぎったままコーナー突入!ひとまず、お抹茶の泡状のものをお茶の上にちょこっとのせていつものスタッフくんに差し出してみます。「お、飲みやすいお茶ですね。ジャスミンの香りがほんのりしてさっぱりと飲めるお茶です」と、お茶については好印象!で、「抹茶ちんすこう、いってみますー」と続いてお菓子の紹介まで進めてくれます(その間もなおも茶せんでシャカシャカは続く。。。)「抹茶の濃厚な風味ががつんと効いたちんすこうです!お茶がさっぱりとしているのでこの濃厚さがちょうどいい感じです」とキレイにまとめてくれましたが、泡は“お抹茶”状からやっと“生ビール”状に“育った”程度。。。それでも雰囲気はこんな感じ?!と、いうことで写真を撮ったところでコーナー終了!となりました。
これはやはり現地でホンモノを体験し、泡立てについては十分な“練習”を重ねてからでないとー(大汗)という結論に達したのでした。泡をキレイにたてるのは湯の“温度”なのか?それとも泡立てる“根気”なのか?←ここ検討事項!現地調査が必要かな?!
うーん、夏の沖縄かぁ!いいなぁ〜!!と、モウソウだけは“夏休み気分”にひたる夕暮れ。。。さて、次回はどうしようかな?


|

« 「ミント緑茶」&「ポルテかをる抹茶」 | トップページ | 「日向夏煎茶」&「ポンジュースもち」 »

趣味」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« 「ミント緑茶」&「ポルテかをる抹茶」 | トップページ | 「日向夏煎茶」&「ポンジュースもち」 »