« 「深火入れ紅茶 火恋し」&「Pudding sweets」 | トップページ | 「ほうじ茶 香寿」&「レモンケーキ」 »

「香駿」&「生八ツ橋 ゆず」

Fullsizerender203


Fullsizerender204_2

12月に入って早くも1週間!そろそろ冬至やクリスマス、年末の“まーしゃ’S Café”で紹介するお菓子を手配しなくちゃ!と思い立って宅配の食材のカタログなどをチェックしはじめています。先日”冬至用“に、と取り寄せた「ゆず」の生八ツ橋が届いたのですが、賞味期限をみてアセりました。「12月13日まで」だったのです。”生“八ツ橋というだけあって”生“なんですよね。う、冬至までとっておけない!(汗)ということで、今回はこの「生八ツ橋 ゆず」がお茶うけに緊急参戦です。
合わせるお茶は、10月末に行われた「世界お茶まつり」で見つけてきたお茶の中から「香駿」という静岡産の釜炒り茶を合わせていきましょう。このお茶、「ハーブの香り」を感じさせる物質の成分を多く含んだ「香駿」という品種茶を原料に使っているそうで、ほのかな香りと甘みが楽しめるということです(楽しみ♪)一煎パックになっているお茶を急須に開けて熱湯を注いで約2分。お湯のみにつぎ分けていると、いつものスタッフくんがやってきました。「香りは淡い感じですね」と、まずは香りからコメントを始めたのですが。。。一口飲んでみるなり「わ、甘い!」と驚きの表情です。「しかも、軽い!渋みも少ないのでスッキリと飲めます」と、殊の外気に入った様子。
そして、“緊急参戦”の「生八ツ橋 ゆず」です。スタッフくん「んー!ゆずですー」と、語りつつもぐもぐ。。。「皮はいつものニッキの香りなんですが、中の“ゆずあん”が濃厚な風味です。この“あん”の濃厚さとゆずの香りが軽やかで甘いお茶とよく合いますね」と、まとめてくれました。
季節モノのお菓子の用意は賞味期限に注意!という教訓のもと、次回はどんな組み合わせにしようかな?


|

« 「深火入れ紅茶 火恋し」&「Pudding sweets」 | トップページ | 「ほうじ茶 香寿」&「レモンケーキ」 »

趣味」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« 「深火入れ紅茶 火恋し」&「Pudding sweets」 | トップページ | 「ほうじ茶 香寿」&「レモンケーキ」 »