« 「おだわら紅茶べにびじん」&「Lemo Nack」 | トップページ | 「香駿」&「生八ツ橋 ゆず」 »

「深火入れ紅茶 火恋し」&「Pudding sweets」

Fullsizerender201


Fullsizerender202

12月になりました!そろそろ10月末に行われた「世界お茶まつり」で見つけてきたお茶の紹介にもどりましょう!前回の「おだわら紅茶べにびじん」で、紅茶を淹れたツナガリで、今回も紅茶です!その名も「深火入れ紅茶 火恋し」。これは、世界お茶まつりの会場で行われていた静岡県農業経営士協会・茶部会による「テイスティング・フェスティバル」で発見したもの。この催しは、一度に20種類のお茶をテイスティングしてお気に入りのお茶3つを選んで投票する、というものなのですが、煎茶あり、抹茶あり、紅茶あり!(でもやっぱり煎茶が多かったかな?)いろんなお茶が並んでいます。楽しみつつがぼがぼになりつつ、「んん?」と気になったのがこのお茶でした。会場では、「ほうじ紅茶」ということで紹介されていたので、紅茶を焙じる?!と興味津々でティスティングし、コレ結構面白いかも?!と購入してきました。
お茶まつりから帰宅して買って来たお茶を並べてSNSにその写真をアップしたら、朝の番組の俳句コーナー担当のつぐみんさんが「この時期にぴったりの名前!」とこのお茶にコメントしてくれました。調べてみると晩秋の頃に冷える日が続き火の気が恋しくなってくることをいうそうです。そうなんだぁ!俳句の季語なんだ?!と思いつつ、緊急参戦モノのお茶を紹介しているうちに季節は流れ。。。本格的な冬になっちゃった!(汗)
合わせるお菓子は、“紅茶のほうじ茶”という「火恋し」に合わせて?!プリンのリングケーキ「Pudding sweets」を合わせてみることにしました。両方とも“二つの顔”がある的な??
早速スタジオで淹れていきましょう。お茶の袋の封を開けるとふわっとスモーキーな香りがします。やってきたのはいつものスタッフくん。「香りは〜?紅茶っぽいですね」とまずは香りから。。。「お?!味はほうじ茶っぽいですよ!んー!?おもしろいですね」と、紅茶とほうじ茶両方の顔を持つ「火恋し」にオドロキの表情です。
天然のスモーキーフレーバーが特徴の品種「いなぐち」を使用した夏摘みの紅茶を、強火で釜炒りし焙じた。。。とテイスティング・フェスティバルのガイドブックにはあります。なるほどユニークなプロフィールのお茶です。
そして、「Pudding sweets」です。こちらも、パッケージには“プリンのリングケーキ”とあります。「見た目は焼きドーナツみたいですね」と、まずは見た目から入るスタッフくん。「お!プリンです!食感はケーキなんですけど、生地の味といいカラメルの風味といい、プリンなんです!」とテンション↑↑↑な模様。ケーキでプリンって??と、コーナー終了後に食べてみて納得したのですが、プリン風味のケーキ生地、よくできてます。
紅茶でほうじ茶!?、プリンでケーキ!?というフシギな組み合わせ♪のミラクルなお茶の時間になりました。
さて、次回はどんなお茶にしようかな?


|

« 「おだわら紅茶べにびじん」&「Lemo Nack」 | トップページ | 「香駿」&「生八ツ橋 ゆず」 »

趣味」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« 「おだわら紅茶べにびじん」&「Lemo Nack」 | トップページ | 「香駿」&「生八ツ橋 ゆず」 »