« 「大福茶(欄干橋ちん里う)」&「梅しぐれ」 | トップページ | 「川根白葉茶 さつき」&「玉福」 »

「大福茶(江嶋)」&「万葉」

Fullsizerender211


Fullsizerender212

2017年が始まってそろそろ2週間。最近、お正月らしい雰囲気が薄らぐのが早い!と思うのは気のせい?いやいや、歳のせい?でしょうか。しかし!コーナーでは、まだまだお正月のお茶が続きます。今回は小正月が近い!ということで、地元の老舗「江嶋」さんの「大福茶」を用意しましたよ。おめでたい金色のパッケージに包まれた「大福茶」。中は玄米茶だそうです。合わせるお菓子は、石川県金沢市のお菓子やさんの「万葉」というお菓子です。原材料の一番最後に“金箔”という文字があるので、きっとお正月らしいお菓子なんじゃないかな?!ということで登場となりました。
早速スタジオで淹れていきます。金色のパッケージの封を切るとふわっ香ばしい香りとともに、上品な小粒の炒り玄米が入った深蒸し茶が現れました。玄米茶ってカジュアルなイメージがありますが、この玄米茶の品格の高さはやはり“お正月用”ですね。
やってきたのはいつものスタッフくん。「濃いきれいな緑色ですね!」とまずは水色から。。。「んー!香ばしくて味も濃いです」と、すでにお茶だけで満足しちゃった?感じ?!
続いて「万葉」です。「四角くて大ぶりのサイコロキャラメルみたいな形状なんですが」と、見た目を描写しながら、スタッフくんは包み紙を開けていきます。「黄色と小豆色の二層になっていて、、、てっぺんには金箔がのってます!」と、テンションUP↑さらに、一口食して「あ!ゆずの香りです!」と、さらにテンション↑↑↑上がった様子です。こちらも上品な甘みにゆずが香り、金箔が輝く“お正月”な一品です。
金色と濃い緑と柚子と玄米の香りで運気アップ!!なお茶の時間になりました。
さて、さすがに次回は板橋のお地蔵さんも近いのでお正月というわけにはいかない?!よね?どうしようかな??

|

« 「大福茶(欄干橋ちん里う)」&「梅しぐれ」 | トップページ | 「川根白葉茶 さつき」&「玉福」 »

趣味」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« 「大福茶(欄干橋ちん里う)」&「梅しぐれ」 | トップページ | 「川根白葉茶 さつき」&「玉福」 »