« 「静岡産 芽茶」&「カントリーマアム 桜もち風味」 | トップページ

「三年熟成番茶」&「聖 山椒」

Fullsizerender242


Fullsizerender243

満開まであんなに待ちわびた桜もあっという間に葉桜になり、いよいよ新緑の季節ですね。前回ブログの更新がいつもの金曜日ではなく日曜日だったのは?なぜ?という理由がわかるお菓子をもってきましたよ!その名も「聖 山椒」。山椒あん入り生八つ橋です。そう!またしても弾丸ツアーで奈良から京都に行ってきたのです。金曜夜に夜行バスで出かけて奈良から宇治、京都を回って土曜日夜に新幹線で帰ってくるという行程。西国の札所と春日大社、晴明神社を巡ってきました。(ブログの更新が遅れたのはコレでした!←一応夜行バスの車中で更新を試みたのだけれど、集中力がイマイチ足りず断念!)そして、京都で発見したのが“山椒あんの八つ橋”だったわけです。あのピリッとした山椒が入った生八つ橋とは??と興味津々でスタジオに持ってきました。合わせるお茶は、静岡産の「三年熟成番茶」です。原料を3年間熟成し、甘味を引き出した上で焙じ加工したほうじ茶ということです。
「聖 山椒」の「パッケージには「源了郭」という名前?があり、これって??と調べてみると黒七味などを扱っているお店のようです。つまり、この生八つ橋はこのお店の山椒を使っている“コラボ”商品なのですね。(すごい!)
さて、早速いただきましょう!
まずは、お茶を淹れます。ふわっと香ばしい優しい香りがします。「うーん、香ばしい香りですねー」とやってきたのはいつものスタッフくん。「香ばしいんですが、ほんのり甘いんですね」とホッとした表情で語り始めます。で、「聖 山椒」です。「お!これ、皮が山椒なのかとおもったら、皮はいつも通りのほんのりニッキの香りで、中のあんこが上品な山椒です!」とな。「山椒ときいて、もっとぴりぴりしているのかと思ったんですが、穏やかで絶妙なバランスです。さすが京都の老舗ですね」と感心した様子。
京都の奥深さをお菓子で知る新緑の夕暮れ。。。って感じでしょうか。ほんのり甘い熟成番茶に癒されつつ、今回の弾丸ツアーを振り返るまーしゃなのでした。
さて、次回はいよいよゴールデンウィーク突入ですね!

|

« 「静岡産 芽茶」&「カントリーマアム 桜もち風味」 | トップページ

趣味」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« 「静岡産 芽茶」&「カントリーマアム 桜もち風味」 | トップページ