« 「足柄茶 新茶 神撰」&「足柄茶クッキー」 | トップページ | 「足柄茶(水出し)」&「小田原パネティッシモ 味と香りの足柄茶」 »

「頭茶(新茶)」&「方寸」

Fullsizerender254


Fullsizerender255

ふと気づいたらもう6月!そろそろ夏のお茶かな〜?と思ってはいたのですが、まさか!この早さで(笑)6月がやってくるとはおもわず、うっかりしておりました(汗)
そんなわけで、今回は2017の新茶シリーズの大トリ!ということで、先日の京都・宇治の新茶を購入した竹村玉翠園さんの「頭茶」を淹れてみます。「頭茶(あたまちゃ)」聞きなれない言葉ですが、“お茶を美しく仕上げる際に取り除く大型の部分”だそうです。“茶市場や茶農家さんから直接仕入れたお茶は仕上げ工程と呼ばれる作業が必要でサイズを揃え、粉や軸の部分を取り除き、仕上げ乾燥をして保存しやすくする”とパッケージの解説にあります。産地は京都和束。品種はサエミドリ。で「新茶」です。
基本の淹れ方は、お茶5グラムに湯温70度、湯量60ml、浸出時間約1分。とあります。
合わせるお菓子は、お茶が「サエミドリ」の極上品の「頭茶」ということなので、長野・小布施の「方寸」という干菓子を用意しましたよ。今回はお茶とバランスが良いといいのですが。。。(前回の京都ツナガリの教訓が生きますように!)
やってきたのは、いつものスタッフくん。「今回もぬるめでじっくり淹れたんですね」とまずは茶器を持ってみて温度からコメントです。基本の淹れ方に沿って淹れたので、ほぼ上級煎茶と同じ淹れ方ですね。(足柄茶の上級煎茶の淹れ方と唯一違うのは、お茶の量ですね。足柄茶は2グラムでこの湯量ですが、こちらはその倍以上5グラムです)スタッフくん「ん!濃いんですが、苦渋みはあまりなくて旨味甘みがしっかりします。で、後味がスッキリ!ですね」と、お茶を堪能している模様。
そして、「方寸」です。「いわるゆる落雁ですね」といいながらポリっと食し始めたスタッフくん。包み紙の裏の原材料を見て「あ、やっぱり赤えんどうが使われている!」とな。「なんだかほんのりお豆系の味がしたんですよ。甘さがあっさりしていて、お茶の風味をじゃましないので、今回はバッチリです!」と太鼓判(よかったぁ!)。
さて、2017新茶シリーズもこれで一段落。夏のお茶かぁ。次回はどうしようかな?


|

« 「足柄茶 新茶 神撰」&「足柄茶クッキー」 | トップページ | 「足柄茶(水出し)」&「小田原パネティッシモ 味と香りの足柄茶」 »

趣味」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« 「足柄茶 新茶 神撰」&「足柄茶クッキー」 | トップページ | 「足柄茶(水出し)」&「小田原パネティッシモ 味と香りの足柄茶」 »