« 2017年6月 | トップページ

2017年7月

「足柄茶 夏仕立て」&「抹茶サンド」

Fullsizerender269


Fullsizerender270

梅雨もあけていよいよ子どもたちは夏休み!(いいなぁ!)本格的な夏の到来ですね。今回も足柄茶の季節限定「夏仕立て」を冷た〜く淹れるシリーズ(!)で涼みましょう。
高校野球の県大会も佳境です。高校野球とくれば!!(お約束の!?)“熱闘甲子園”ならぬ「熱湯氷出し」です。
合わせるお菓子は、特段のひねりもなく「抹茶サンド」と言う“クリームサンドビスケット”をチョイス!これって、冷蔵庫で冷やしていただいたりするとおいしいのかな?とも思ったのですが、残念ながらスタジオには冷蔵庫がないので“常温”でいただきましょうね。
やってきたのはいつものスタッフくん。以前に「熱湯氷出し」をした時はN助手がお味見をしたので、今期“初”ですね。
いつものように「熱湯氷出し」の説明をふむふむと聞きながら、まずは一服「お!氷出しのお茶は以前にもいただいたことがありますが、コレ濃いですね。なんと言うか、さらっとしているだけじゃなくてちゃんとコクも旨みもある感じです!」と、のっけから好印象!確かに、品種茶「あさつゆ」をブレンドして深蒸しで仕上げているお茶なので水色も濃いめではあるんですが。。。
そして、「抹茶サンド」です。「鮮やかな抹茶色ですね」と外観を描写しつつ、もぐもぐと食すスタッフくん。「見た目はクッキーなんですが、生地もクリームも抹茶ケーキのようなしっかりした味です」とな。さらに「今回は白い磁器の器に盛り付けてあるんですが、この器にするだけで、スーパーで売ってるクッキーとは思えない高級な雰囲気になりますね!」と今回は器まで褒めていただいちゃいました。←盛り付けが必要なお菓子の時はいつも使ってるものなんですがね!やはり、ちょっとした見た目の演出も食の分野では大事な要素ですね。
さて、次回はどうやって淹れようかな?

| | コメント (0)

「足柄茶 夏仕立て」&「カシューナッツマコロン」

Fullsizerender266


Fullsizerender267


Fullsizerender268

梅雨明けが待たれる今日この頃。蒸し暑さで早くも夏バテ気味。。。皆さんは体調大丈夫ですか?今回もキリッと冷たいお茶で涼みましょう!足柄茶の季節限定「夏仕立て」を冷た〜く淹れるシリーズ(ついにシリーズ化か!?)今回は、“氷出し”で淹れてみましょう。
合わせるお菓子は「カシューナッツマコロン」です。マコロンて仙台銘菓?と思いきや、このマコロンは埼玉県で作られたもの。原材料を見るとカシューナッツと砂糖、鶏卵、豆乳、膨張剤(重曹)というシンプルにしてナチュラルな素材でできています。
スタジオ入り前にコンビニでカップ入りのロックアイスを購入。大きめのガラスポットに分量のお茶の葉をいれたら、買ってきた氷を詰めます。これでまーしゃ’S Caféのコーナーが始まるまで4時間ほど置いてじっくりと浸出です。氷がポタポタと溶けながらじっくりとお茶の葉を開かせていきます。(うーん楽しみ♪)
時折氷の溶け具合とお茶の出具合を見ながら番組を進めて、いよいよコーナー突入です。
今回は、いつものスタッフくんが別のスタジオで収録中のため、「宇治の頭茶」の“熱湯氷出し”以来のN“名誉助手”(当コーナー的にはこの名称で良いそうです)が登場です。
「今日は熱闘甲子園ならぬ熱湯氷出しではなく、単なる“氷出し”なんですね」とお約束のような前フリをしつつN助手のお味見が始まりました。「水色が鮮やかな緑ですね」と、まずは見た目から。確かに足柄茶とは思えぬ“濃い緑色”です。品種茶「あさつゆ」をブレンドして深蒸しで仕上げているというこのお茶ならでは!という感じです。
「うーん、しっかり浸出されてますねぇ」とN助手。「甘味旨味はもちろん、少し渋みもあって、“太い”感じです」とな。「水割りに入れる、大きいまん丸の氷があるじゃないですか?あの氷のような太くて丸いテイストです」と、絶好調の語り口でなおも続けます「以前いただいた“熱湯氷出し”は、底の部分が太くて、上の部分がしゅっと細くなっている水滴のようでしたが、このお茶は、全体がまん丸なんです!」な、なるほど!?N助手ならでは!の表現がさらにバージョンアップ!!か?!
で、「カシューナッツマコロン」です。「くるみボタンのような愛らしい印象ですね」と、まずは外観を語ってから、サクサクと食すN助手。「カシューナッツを結構感じますね。ナッツ感が濃い感じです」と饒舌に語りつつ、お茶を一服。「お茶と一緒にいただくと。。。化学変化的なことが起きるというか、氷の球がさらに一回り大きくなったかのような印象になります」と、N助手一流の表現で描ききったのでした。(お見事!)
さて、次回はどんな方法で淹れようかな?

| | コメント (0)

「足柄茶 夏仕立て」&「塩キャラメルかりんとう」

Fullsizerender264


Fullsizerender265

七夕ですね。真夏のような日差しが降り注いでいます。うまくすれば天の川が見られるかな?(満月が近いから難しいかな?)さぁ!今回も足柄茶の季節限定「夏仕立て」を冷た〜く淹れてみましょう。今月はこの「夏仕立て」をいろいろな方法で冷茶にしてみます。前回は急須で水出ししましたが、今回はオンザロック方式で淹れてみます。“オンザロック”といってもお酒ではありません^^;)お茶を淹れる急須ともう一つ氷を満たした急須(ティーポットでもOK)を用意して、普通にお湯で淹れたお茶を氷を満たした急須に注いで急冷するという方法です。品種茶「あさつゆ」をブレンドして深蒸しで仕上げているというこのお茶!今回はどんな感じになるのかな?
そして、合わせるお菓子は、「塩キャラメルかりんとう」です。なぜ七夕にかりんとう?と思わずツッコミたくなる組み合わせですが、このかりんとうのパッケージのイラストがなんだか七夕の短冊みたいに見えたのよ!なんかアリかも?的な理由で採用と相成りました。
早速スタジオで淹れていきましょう。お湯で淹れると、心なしか“あさつゆ”品種らしい緑色がかった水色が濃い感じです。これを氷を満たしたティーポットに注いで出来上がり!
コーナー開始30秒前に滑り込んだいつものスタッフくん。「冷たくて美味しいです!いくらでもいけちゃいそうです」と、ごくごくとおかわりしちゃいそうな勢いで飲みながら、「ああ、オンザロックってこういうことだったんですね!」と、淹れ方の説明にうなづいています。
続いて「塩キャラメルかりんとう」です。「しっかりしたかりんとうですね」とまずは食感(?)からコメントを始めるスタッフくん「甘さは控えめで、香ばしさほんのり。。。やや深蒸しで甘みのあるこのお茶にぴったりのバランスですね!」と着地!パッケージのノリで選んだわりにしっくりまとまって良かった(!)←特殊能力かも?!(笑)
さて、次回はどんな淹れかたにしようかな?


| | コメント (0)

« 2017年6月 | トップページ