« 「山の息吹ブレンド」&「有平糖 梅」 | トップページ | 「静―7132ブレンド」&「五色豆」 »

「さやまかおりと大井早生」&「米粉ローネ」

Img_1967


Img_1968
うーん、困った!バレンタインデーが過ぎ、梅まつりにちなんだアイテムも紹介し、次は「ひなまつり」だ!と思ったら、もう1週間先なのよね。
こんな季節の端境期にはどんなお茶とお菓子を用意しようか?!
お茶とお菓子のストックを前に悩んでいると、、、これまた、"どのタイミングで紹介しようか?"と、悩んでいたお茶やお菓子が色々と。。。えーい!今回は2月の棚卸し!的なノリでいってしまおう!と、特に季節がらみでも、イベントがらみでもないこんなお茶を淹れてみましょう。その名も「さやまかおりと大井早生」。"さやまかおり"という品種と"大井早生"という品種のお茶に"やぶきた"(これも品種の名前ね!)をブレンドして作ったというお茶です。地名が品種名になっているので、なかなか登場の機会(話題)がなかったお茶。この機会に淹れていきましょう!
そして、お菓子は、「米粉ローネ」。こちらはストックしてあったお菓子の中で一番賞味期限が近かったものをチョイス!四国・高知県の仁井田米の米粉を使って焼き上げたお菓子だそうです。仁井田米は"甘くて香りの良いお米"とパッケージにあります。さらに!「四万十の里から幸せを運ぶ米粉のお菓子」とあります!なーんか幸先よさげじゃありません??
やってきたのは、いつものスタッフくん+番組収録中だったセノケンさん。久々登場のセノケンさんですが、このコーナーでお茶を飲むのを楽しみにされていたそうです!(うれしいね!)なんでもセノケンさんは、このコーナーでお茶を飲んでから日本茶の魅力にハマり、急須を購入!お茶の葉の量、お湯の量、お湯の温度、浸出時間(美味しく淹れる4つのポイントですね!)をしっかり守って淹れているというからオドロキです。
早速一服!「お?なんか不思議な感じです」とスタッフくん。「二つの香りが時間差でやってくる感じで、はじめにふわっときた香りと後に残る香りが違う感じ?ですね」とな。やぶきたをベースに2種の品種茶を合わせているから?な展開かな?「お茶の品種の違いってコーヒーの産地とか種類の違いとも通じる気がする」とセノケンさん。←おそるべし!(次にゲストにやってくる頃には私よりもお茶に詳しくなってるかも?)
では、「米粉ローネ」です。「まあるくてホタテの貝柱的な見た目ですが」と言いつつ食すスタッフくん。「クッキーというよりはほろっとした口どけのマコロンみたいですね」ですって。「これ、いくつでもいけちゃう感じだね」とセノケンさん。「クッキーだけどお米の粉を使っているので日本のお茶にも合うみたいですね」とスタッフくんがまとめてくれました。確かに自然な甘さとほろほろとした口どけが美味しい焼き菓子です。まさに"四万十の里から幸せを運"んできた感じかな?!
さて、いよいよ次回はひな祭り!?


|

« 「山の息吹ブレンド」&「有平糖 梅」 | トップページ | 「静―7132ブレンド」&「五色豆」 »

趣味」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« 「山の息吹ブレンド」&「有平糖 梅」 | トップページ | 「静―7132ブレンド」&「五色豆」 »