« 2018年4月 | トップページ | 2018年6月 »

2018年5月

「宇治茶・新茶」&「アルフォートプレミアム濃茶」

Img_2199


Img_2200
5月最終週ですね。プレミアムフライデーらしいですが、最近あまり聞かなくなりましたね。新茶紹介シリーズも佳境!今回は“プレミアム”な「宇治茶」の登場です!宇治茶といえばまーしゃ’S Caféでは竹村玉翠園さんですね。今年の新茶はどうかな?(楽しみ♪)
合わせるお菓子は。。。やっぱり宇治茶だから宇治茶ツナガリで何か。。。と、コンビニに探しに走ったのですが、抹茶フレーバーのお菓子の波が去ったらしくチョコミント系が押し寄せておりました。でも!“宇治茶!”と探すと1個だけ「アルフォートプレミアム濃茶」という“宇治一番茶使用”というアイテムがありましたよ!(やったぁ!)
早速スタジオで淹れていきます。パッケージの裏にある淹れ方には、お茶の葉3グラム、湯温60度、湯の量60cc、浸出時間60秒とあるのでこれにならって淹れてみましょうね。いつもより慎重にお湯を冷まして。。。と一曲かけている間湯飲みに注いで冷ましておいたらちょっと冷めすぎたかも?!(汗)
やってきたのは久々登場のN(名誉)助手。「綺麗な澄んだ山吹色ですね」とまずは水色から。そして一服「なかなかバランスが良いお茶ですね。うまみ、甘み、苦味、渋み、が最初ガツンとくる感じです。が、後味はすっきりと爽やかです」と、今回も饒舌に語ります。
続いて「アルフォートプレミアム濃茶」行ってみましょう。「ココアビスケットに抹茶チョコレートが貼り付けてあって。。。」とまーしゃが説明したのがツボにハマったらしく「貼り付けた!ってすごい表現ですね」と苦笑しつつ「通常のこの商品はプレーンなビスケットなんですが、これはココアビスケットになっているところがプレミアムなんでしょうかね?」と解説してから食します。「これはもう安定の品質ですね。濃茶のチョコレートとココアクッキーが絶妙です」と着地。
さて、次回は??


| | コメント (0)

「掛川産生新茶」&「塩まつば」

Img_2191


Img_2192

5月というのに真夏のような気温が続いていますね。身体も暑さに慣れていないので、水分の補給はしっかりしましょうね!生命力溢れる新茶で水分補給したらパワーを満タンにチャージができそうですね。今回は小田原の老舗「江嶋」さんの「掛川産生新茶」、そして、お菓子には水分と一緒に塩分やミネラル分もチャージできそうな「塩まつば」をチョイス!駿河湾深層水100%の深い海の塩を使ってあるというので、静岡・掛川産の新茶とも相性は良さそうですね。
やってきたのは夜の収録番組「セノケンの深い夜」のセノケンさん。うまい具合に収録のタイミングがあって久々の登場となりました。
早速淹れていきますよ。「新茶ってワインでいうヌーボーみたいな感じ?」といきなり核心をついた発言をしつつ着席するセノケンさん。(そうそう!)「生新茶の“生”ってどんな意味なんだろうね?」と言いながら一服「あ、最初の印象はグワっとくるね。でもすぅっと後味が爽やかなんだよね!」と今回も見事なコメント!
そして「塩まつば」です。「芋ケンピ?」と言いながら手にとるセノケンさん。ポリっと食して「あまじょっぱいんだね!」と安心した表情に「塩っていうから、塩っぽいだけだったら“固いフライドポテト”みたいじゃん?!」とこれまた核心をついたコメントです。「オレ、お菓子好きなんだけど、常に甘いのとしょっぱいのを交互に食べるの。コレ、それがいっぺんで済むからいいね!」といたく気に入られた様子。(よかったよかった!)
番組でお茶を飲んで日本茶の美味しさに目覚めた!というセノケンさん。今回も楽しいお茶の時間になりました。
さて、次回はどこの新茶かな??

| | コメント (0)

「足柄茶ラボ実習茶園 新茶」&「国産小麦のミニロールケーキ抹茶」

Img_2172


Img_2175

初物到来!の華やいだ雰囲気に包まれる新茶シーズンですが、今回はとりわけ感慨深い“新茶”が出来上がってきました。まーしゃが代表理事をつとめている“足柄茶ラボ”(足柄茶コンシェルジュによる足柄茶を軸にした地域情報の発信などを手がける団体)の実習茶園の新茶です。
昨年“耕作をやめる予定の茶畑があるんだけど、足柄茶に関わる活動をしているなら実際にお茶を作ってみない?”というお話をいただき、全くの未経験からお茶づくりにチャレンジ!オーナーさんにご指導いただきながら、ボランティアさんとともに先日初めての茶摘みを行ったのでした。
初めて作ったお茶だから!と、お茶のラベルの制作をNPO法人アールドヴィーヴルさんにお願いし、素敵なパッケージに詰めることができました。
そんな思い入れもひとしお!の新茶に合わせるお菓子は、ハラヘリモードでやってくるM1号のことも考えてボリュームたっぷり「ミニロールケーキ」にしましたよ。
早速スタジオで淹れていきます。M1号!「ハラペコです!」と現れました。(よしよし)「オシャレなパッケージですね」とまずはお茶の袋に目が行ったようです。(そりゃーもう!アールドヴィーヴルさんですから!)そして、「いただきまーす」と一服。「ん!飲みやすいです」と一言。(それでそれで?!)「すっごいスッキリしていて爽やかです!で、すごい生命力を感じます!」とな。さらに「新茶ってがっつり濃厚な感じがすると思っていたんですけど、このお茶はすごくナチュラルですね」だって!(コーナー担当1ヶ月ですっかりコツを掴みましたな)それもそのはず、この茶園、オーナーさんが何年も農薬を使わずに育てていた畑なんです。←M1号それがわかったのかな?(す、すごい!)
そして、「ミニロールケーキ抹茶」です。「ボリューミーですね」と言いながら個別包装を開けるM1号。「いただきまーす」と食します。いつものもぐもぐとうれしそうな表情です。「しっかりと抹茶です」とコメントしつつ「今回も完食しました!」と着地。食べっぷりがいいのは気持ちがいいね!
自分たちが手がけた茶畑で採れたお茶をこのコーナーで淹れて飲める幸せ♪茶農家さんの気持ちがちょっとわかったような!?初夏の夕暮れです。
さて、新茶のシーズンはまだまだ続く!次回はどこのお茶を淹れようかな?

| | コメント (0)

「足柄茶 走り新茶」&「ガトーショコラ抹茶」

Img_2140


Img_2143
八十八夜も過ぎて各地の新茶が出回り始めましたね。今年はお茶摘みの時期が早いところが多いのでのんびりしてたら新茶の購入に出遅れそうでアセります。
地元の足柄茶だけは何としても出遅れまいと今回はスタジオ入り前に車を飛ばして山北町の神奈川県農協茶業センターの直売所まで行ってきましたよ!直売所限定販売の「足柄茶 走り新茶」を無事に入手。早速スタジオで淹れていきます。
合わせるお菓子は、某コンビニの「ガトーショコラ抹茶」。諸方面で高評価というのでこちらも楽しみ♪
やってきたのはM嬢改めM1号(土曜日のとある番組でこう呼ばれるようになり、全部の番組で統一しよっか?!となったのです)。スタンバイしているガトーショコラをみるなり「テンション上がる〜!」と↑↑なノリで着席です。
まずは、「走り新茶」から。「うーん、新茶の香り!いいですね」と、まずは香りから。(だんだんコツをつかんできましたね)そして、おもむろに一服「あ、綺麗な澄んだ色なのに味がしっかりしています!」とオドロキの表情に。(足柄茶の特徴をちゃーんとキャッチしましたね!お見事!)
さぁて、お楽しみの「ガトーショコラ抹茶」です。「これ、コンビニスィーツですよね?すごいレベル高いです!!」とこちらもオドロキの表情のM1号。「しっとりと濃厚で、すごーい幸せです」と笑顔でもぐもぐ。(この美味しそうな食べっぷりをラジオの前の皆さんに見せたい!)「新茶にこのガトーショコラ!最高です!」M1号のうれしそうな笑顔は幸せを運んできますねー!新茶で75日寿命が延びると同時に幸福度も数倍アップする感じです。
さて、次回はどこの新茶??


| | コメント (0)

« 2018年4月 | トップページ | 2018年6月 »