« 「オーストラリア新茶」&「足柄茶スノーボール」 | トップページ | 「色鮮やか被覆栽培の茶づくり(新茶)」&「白桃ワッフル」 »

「天の在来茶・新茶」&「ベビー母恵夢・宇治抹茶」

Img_2227


Img_2231

梅雨に入りましたね!今年の新茶シーズンも一段落!と思っていたら、手配してすっかり忘れていた(!)新茶が先日届きました。番外編?になるのか?続編?になるのか?今回は「天の在来茶・新茶」を淹れていきますよ!このお茶は熊本県のお茶。“タネ育ちの天然ブレンド”とパッケージにあります。昨今タネからお茶を育てるってなかなかないようです。在来茶というところも気になりますね!
合わせるお菓子は“期間限定”とパッケージにある「ベビー母恵夢・宇治抹茶」です。こちらは“瀬戸内銘菓”とあるように愛媛県のお菓子屋さんの商品。アルミコーティングの袋に入っているので中がどんなお菓子なのか?興味津々!
早速スタジオで淹れていきましょう。やってきたのは、久々登場のM1号。「三週間あけちゃいましたー」と言いながら登場です。「よかった!新茶終わってなくて」と湯呑みを手に取り「水色は緑じゃなくて黄色いですね。澄んだ山吹色っていうんですかね」と水色からコメントしていきます。「タネから育てた、ってすごいですね」とお茶の生い立ちに思いを馳せつつ一服「ザ・お茶って感じの味ですね。昔ながらのお茶って雰囲気です」とな。
続いては「ベビー母恵夢・宇治抹茶」です。「開けてみます!」と袋を開けたM1号。「この漢字を書いて“ポエム”って読むんですね!斬新です」と言いつつ小判型のミルク饅頭的なベビー母恵夢取り出して割って観察。「すんごい緑です。皮も餡もすごい濃度の抹茶が練りこまれている感じですね」と食して「味も濃厚ですね。口が緑色になってるんじゃないか(ないない!)と思うくらい抹茶がふんだんに使われてます。しっかりとした食感でお腹も満足です!」と着地。
濃厚な抹茶フレーバーに“ザ・お茶”な雰囲気の在来茶。なかなかいいバランスです。
さて、次回は??


|

« 「オーストラリア新茶」&「足柄茶スノーボール」 | トップページ | 「色鮮やか被覆栽培の茶づくり(新茶)」&「白桃ワッフル」 »

趣味」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« 「オーストラリア新茶」&「足柄茶スノーボール」 | トップページ | 「色鮮やか被覆栽培の茶づくり(新茶)」&「白桃ワッフル」 »