« 「天の在来茶・新茶」&「ベビー母恵夢・宇治抹茶」 | トップページ | 「嵐茶(新茶)」&「ゆがわらパネトーネ 味と香りの足柄茶」 »

「色鮮やか被覆栽培の茶づくり(新茶)」&「白桃ワッフル」

Img_2181_2


Img_2183

夏空だったり梅雨寒だったり、と気温の上下が激しいこの頃。これで終わり!と思っていた今年の新茶シリーズは”なんと!“今回もだらだらと続くのでした。お野菜の宅配と一緒に定期的に届くお茶のシリーズをとっているのですが、なんと!先日届いたのが「色鮮やかな被覆栽培の茶づくり」という”新茶“でした。続く限りは淹れますよ!!合わせるお菓子は桃の季節到来?を告げる「白桃ワッフル」このボリュームはM1号好みか?!とチョイス!
さて、お茶ですが、お茶の木に覆いを被せて遮光しながら新芽を育てる“被覆栽培”のお茶とのこと。光を遮られたお茶の葉は光合成をしようとクロロフィルを増やして緑色の濃い葉になるそうです。被覆栽培をした「ゆたかみどり」という品種を取り入れた深蒸し系のお茶ということなので水色は綺麗な緑色なんだろうなぁ?!と想像しつつ淹れてみることにしましょう。
やってきたのはいつものM1号。入ってくるなり湯呑みを手に取り「なんかいい香りします」とな。お茶の解説によれば、湯のみから放たれる香りを「放香(ほうか)」というそうですよ。なるほどね。さらに「緑が濃いですね」と水色を語るM1号。そしておもむろに一服。「あ、味もコクがあるかんじです。これは和菓子に合いそうです」(おーっと今日は洋菓子だわ!)だそうな。
では、「白桃ワッフル」いってみましょう。「もう季節は桃なんですね!」とうれしそうなM1号。袋を開けてボリューミーなワッフルをぱくり。「あ!」と言ったまましばしもぐもぐ(このボリュームと食感ではこうなるよね)「これ、ちゃんと生地に桃の果肉が入ってます!」と、さらにもぐもぐ「桃の風味に初夏を感じますねー」と着地。
さて、次回は???

|

« 「天の在来茶・新茶」&「ベビー母恵夢・宇治抹茶」 | トップページ | 「嵐茶(新茶)」&「ゆがわらパネトーネ 味と香りの足柄茶」 »

趣味」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« 「天の在来茶・新茶」&「ベビー母恵夢・宇治抹茶」 | トップページ | 「嵐茶(新茶)」&「ゆがわらパネトーネ 味と香りの足柄茶」 »