« 「嵐茶(新茶)」&「ゆがわらパネトーネ 味と香りの足柄茶」 | トップページ | 「足柄茶 夏仕立て」&「シナモン芋まつば」 »

「極み棒 新茶」&「温州みかんかりんとう」

Img_2222_2


Img_2223_2

6月も最終週。異例の速さで梅雨明けしちゃったし(!)前回までで新茶のご紹介は一段落していよいよ“夏の限定茶”のご紹介!と思っていたら、先日お土産でいただいたお茶に「新茶」のシールが!こ、これはやはり新茶のシリーズとしてご紹介しないと!!ということで、今回“こそ”今年の新茶シーズンを締めくくりたい!と思うわけです。いただいたその“新茶”は「極み棒」という金のパッケージに入った「茎茶」のようです。「安心で安全 静岡県庁・静岡市役所指定納入業者」とパッケージにシールが貼ってあります。
さぁ、どんな感じかな??
合わせるお菓子は、スーパーのお菓子売り場をぶらぶらしていたら偶然目に入った「温州みかんかりんとう」です。“温州みかん”と“かりんとう”がどう結びつくのか?!すっごい気になって購入。こちらも楽しみ♪
早速スタジオで淹れて行きましょう。
やってきたのは収録を“中抜け”してきたセノケンさんとM1号。(金曜日夕方の収録だと“まーしゃ’S Caféに立ち寄りたくなるとか??)賑やかにお茶の時間のハジマリです!
封を開けるとほんのり火入れ香がする「極み棒」。パッケージには特に淹れ方の説明はないのでいつもの足柄茶の“くき茶”の要領で淹れてみます。静岡茶らしく水色は若干緑がかった感じ?!でもくきがメインだからか?澄んでいますね。
「パンチが効いてますね!」とM1号。「目が覚めそうだね」とセノケンさん。確かに熱湯でサッと淹れることもできるくき茶は忙しい朝にサッと淹れて目覚ましにも良いかも?「なんかいい香りがするんだよね?これ好き!」とセノケンさんがくき茶独特の香りに気づいたようですね。コーナーに登場するたびにウデ(?)を上げていくセノケンさん。そのうち“茶筒キープ”とかしてたりしてね(笑)
それでは「温州みかんかりんとう」です。「見た目は普通のかりんとうですね」とM1号。蜜がけではないこんがりキツネ色(?)のかりんとう。スタジオ前で用意していたら後の番組“ビッグフィッシュ”のハリー店長が「フライドチキンみたいですね」と言っちゃう感じ(笑)。
「んー!みかんです」とM1号。「甘くって、みかんの香りとちょっと酸味」とセノケンさん。「かりんとうのあまーい後味をみかんの酸味がシュッと引き締めてくれる感じですね」とM1号が語ります。「甘いものとしょっぱいものと交互に食べたくなるループにはまるなら、このかりんとうが3で、しょっぱいものが1の割合かな?」とはセノケンさんの見解。(なるほど!)温州みかんをかりんとうのフレーバーに、ってどんな人が発想したんだろう?と商品開発のウラが知りたくなっちゃったまーしゃなのでした。
さて、次回こそは!(もう7月になるしね)夏の限定茶を淹れましょうね。

|

« 「嵐茶(新茶)」&「ゆがわらパネトーネ 味と香りの足柄茶」 | トップページ | 「足柄茶 夏仕立て」&「シナモン芋まつば」 »

趣味」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« 「嵐茶(新茶)」&「ゆがわらパネトーネ 味と香りの足柄茶」 | トップページ | 「足柄茶 夏仕立て」&「シナモン芋まつば」 »