« 2018年7月 | トップページ | 2018年9月 »

2018年8月

「夏向きの爽やかな茶づくり ミント緑茶」&「生八ツ橋 白桃」

Img_2361


Img_2362

8月末日ですよ!夏が終わる!!とアセる気持ちと、早く涼しくならないかなー!と秋が待ち遠しい気持ちが半々。平成最後の夏!というフレーズを今年はよく聞いたけれど、何か夏らしいことはしたかしら?(暑いからなーんにもしたくなーい!だったかも?!)そんな夏を締めくくる(いや、月が変わっても残暑は続きそうだからそう簡単には締めくくれないわね!)今回のお茶は「夏向きの爽やかな茶づくり」というタイトルの「ミント緑茶」です。有機ミントを使用した緑茶の美味しさが生きるお茶だそうな。
合わせるお菓子は、これまた夏向き?!「生八ツ橋 白桃」です。最近色々な季節限定のフレーバーの八つ橋があるけれど、白桃って初めてみたかもー!?ということでの登場となりました。
早速スタジオで淹れていきます。お茶の説明書によれば、アイスティーにする場合はお湯で淹れてロックで!とあるので、やってみましょう。氷が足りるかな?
やってきたのはN(名誉)助手。「熱湯氷出しではないんですか?」と言いつつ着席。「水色は普通のお茶の色ですね。前回のような底が見えない!ようなことはないです」と、まずは水色から(前回の“沼”についてはそっとしておいてほしいなぁ!)語ります。「いただきます」と一服し「鼻に抜けるのはミントですね。で、後味がお茶。すっきりしているのでいくらでも飲めそうな感じです」だそうで。
そして「生八ツ橋 白桃」です。「見た目は餡を挟んだ三角形のよくある生八ツ橋ですね」と食すN助手。「ん?んん?」と不審そうな表情です。「この八つ橋、皮はスタンダードなニッキの香りなんですね。一瞬どこが“白桃”なんだ?と思ったんですが、餡はしっかり白桃です。ニッキの香りと白桃っていうのもなかなか新鮮な組み合わせですね」とな。
「一緒にいただいてみると、よりミントの輪郭がはっきりしますね」と着地。清涼感あふれるミント緑茶。もうしばらく続きそうな残暑の時期に活躍しそうです。
さて、次回は9月!かぁ。どうしようかな??


| | コメント (0)

「お茶&レモン」&「瀬戸内レモン塩けんぴ」

Img_2343


Img_2345
高校野球も終わってしまい。今日は板橋のお地蔵さんの2日目。どんどん夏が終わっていくー!時期なのですが、この残暑!身体にこたえますよね。スッキリ!シャッキリ!リフレッシュしようと今回のテーマは“レモン”。スーパーのお茶のコーナーでこんなアイテムを発見しました!「お茶&レモン」。パッケージには「静岡商業高等学校×荒畑園コラボレーション」とあります。今年の甲子園では秋田の農業高校が大活躍しましたが、コチラは静岡の商業高校かぁ!がんばる高校生を応援する!感じで淹れてみましょう。“見た目はお茶なのに甘くてすっぱい驚きの味!スッキリした味わい」とラベルに書いてある説明がまた興味をそそりますねー!
合わせるお菓子は、そのお茶があった同じスーパーのお菓子売り場で発見した「瀬戸内レモン塩けんぴ」です。レモンつながりで爽やかに行きましょうー!
早速スタジオで淹れてみます。「お茶&レモン」は粉末!淹れ方の説明をよーく読んで。。。大さじ1杯(約8g)のお茶&レモンにお湯または冷水を150mlとあるので、300ml入る急須には2杯かな〜?と計っていれます。それに八分目の冷水を注いでかき混ぜ、さらに氷を投入!んんっ?なんか濃厚〜。。。すごーく昔(かれこれ10年くらい前か?)にこのコーナーで淹れた“沼”のような粉末茶が脳裏に浮かびます(汗)
やって来たのはN(名誉)助手。「なんか、濃くありませんか?」と不安そうな表情です。(た、確かに。。。コレがココアだったらいいのに!と思う濃さだわー!)が、「飲んでみます!」と意を決したかのように一服!「う、うぉー!このどろっとした感じは、、、なんて言ったらいいんでしょう?抹茶より濃い感じですね。確かにレモンの香りでほんのり甘いんですが。。。なにせ濃度が。。。」とな。(確かにそうだわね)試作なしでイキナリ作ったからなぁ(反省!)
そして、「瀬戸内レモン塩けんび」です。「行ってみます!」と言って食したもののN助手「お茶&レモンが濃厚すぎて、レモン塩けんぴのレモンの部分を検知できませんねー。ただの芋けんぴな感じです」だって!“じゃあ!”ってことでまーしゃが塩レモンけんぴから食べてみたら、ほんのりレモンが香るじゃないですか!「あ、レモンだよー!」と言うも、N助手は「ダメです!お茶を飲んでから食べてみてくださいよー!」と頑なに自分と同じ手順を推して来ます。(は、はぁ。。。つまりお茶&レモンの濃厚さを体感しろ!なわけかな?!)
うーむ、久々になかなか難しい素材に出会ってしまったわ!濃度についてはもう少し研究しなくては!!
それにしても最近の高校生の活躍には目を見張るものがありますね!まーしゃもがんばらなくちゃ!(大汗)
さて、次回は8月最終の金曜日かぁ。どうしようかな?


| | コメント (0)

「足柄茶ラボ実習茶園茶(熱湯氷出し)」&「宇宙日本食小倉ようかん」

Img_2329


Img_2330

お盆休みも終わり高校野球も佳境!甲子園というとどうしても連想してしまう冷茶の淹れ方が。。。“熱闘甲子園”ならぬ「熱湯氷出し」(!)です。←またこのネタかよ!というお声もありそうですが。まぁ季節モノなので(汗)今年も淹れてみましょう!
合わせるお菓子は??悩みに悩んだ挙句!今年は高校野球は100回記念大会!!(←関係あるのか?!)にちなんで(?)これからの100年を見据えて(?)通称「宇宙ようかん」(商品名としては)「宇宙日本食 小倉ようかん」をご用意!しましたよ。市役所7階のコンビニで密かに(?)話題になっている宇宙ようかん。JAXAが認証した製法により製造しているようかんだそうな。
早速スタジオで“熱湯氷出し!”いってみましょう。急須に山盛りの氷。そしてお茶の葉はカレースプーンで計量して1人1杯分をこれに静かに乗せて、上から熱湯を注ぎます。待つこと2分!熱湯氷出しの出来上がり!
やってきたのは、N(名誉)助手。熱湯氷出しの淹れ方をふむふむと聞きつつまずは一服。「若干薄めの水色ですね」とまずは水色から。「お!まっすぐ!です。どこまでもストレートな感じですね」とな。「スッキリとまっすぐ。つまり飲みやすいってことです」と着地。なるほど!?
で、「宇宙ようかん」です。「箱に入っていて中からアルミフィルムに包まれたようかんが出てきます。切り口からフィルムを切って押し出していただくんですね!?これは宇宙仕様ですかね?」と言いながらようかんを押し出して食すN助手。「ん、全くもってようかんです」だって!「ようかんとしては上質な美味しさだと思うのよ私は!これを宇宙空間で地球を眺めながら食べたらムッチャ郷愁に駆られると思わない!?」と傍らで力説するまーしゃ。「た、確かに!」とN助手。さらに「これ、宇宙もいいんですけど、長距離ドライブの時のパワーチャージにもいいと思うんですよね!」だって!確かに宇宙よりぐっと身近ですけど。。。
さて、次回はどうしようかな??

| | コメント (0)

「夏の深むし茶(江嶋)」&「もちもちラムネ餅」

Img_2312


Img_2313
立秋も過ぎたのに絶賛“暑い”日が続いています。今日も冷たい水出し茶で涼みましょう!ここしばらく足柄茶や地元のお茶が続きましたが、今回は小田原の老舗「江嶋」さんの「夏の深むし茶」です。江嶋さんと言えば静岡の掛川のお茶ですね。合わせるお菓子はこれまた涼しげに「もちもちラムネ餅」です。“マシュマロとラムネペーストを包んだお餅”ということなのでこちらも楽しみ♪
早速スタジオで淹れていきます。やってきたのはN(名誉)助手。「水色の緑が綺麗ですね」とまずは見た目から。「深むしということですが澄んだ感じですね」と言いつつ一服。「お!見た目のイメージと違って濃厚ですね。しかし、後味はギザギザしてなくてすっとしています」とな。(なるほど!)
続いては、「もちもちラムネ餅」です。「直径3センチくらいの、すごい青い餅ですね」とこちらも見た目から。「食べてみます」とぽいっと丸ごと1個を食すN助手。「あ、思ったより甘い!食感はマシュマロで中にラムネフレーバーのペーストが詰まっています!」だそうな。そしてさらに「ラムネってどうしてこの味に定着したんでしょうね?」とラムネのルーツが気になり出した模様。確かに、「ラムネ」っていうと“あーあんな味ね!”と連想できるほど定着する背景には何があったんでしょうね?言われてみると気になります。
「では、ラムネ餅と一緒にお茶をいただいて見ます!」とシメの一服「お、お茶の輪郭が餅によってくっきりした感じです」と着地。
さて、次回はまだ暑いかなぁ?


| | コメント (0)

「足柄茶ラボ実習茶園煎茶(水出し)」&「アイスボールクッキー チョコミント」

Img_2292


Img_2293

いよいよ8月!例年だとこれから夏本番!って雰囲気になるはずなんですが、今年はみなさん「今年はいつまで暑いんだろうね?」とそろそろ夏の疲れが出始めているようです。茶畑の草取りと肥料を入れる作業をしなくては!と思いつつこの暑さでなかなか日程を組む気力がなく。。。←まーしゃが所属する足柄茶ラボの実習茶園のハナシです(汗)実習茶園の様子が気になったところで、今回は、5月に摘んだ足柄茶ラボ実習茶園のお茶を水出しで淹れてみましょうね。新茶の時はすごくフレッシュな香りだったのですが、夏を迎えてどうなっているかな?
合わせるお菓子は「アイスボールクッキー」という涼しげな名前のクッキーを!しかも今回は「チョコミント」フレーバーですよ!
早速スタジオで淹れてみましょうね。やってきたのはN(名誉)助手です。「え?お茶を作ったんですか?」と実習茶園ネタにくいつくN助手。「イチから始めたお茶がコレですね」と言いつつ一服。「割と太めな味ですね!旨味甘みもしっかりあります」とな。「水出し茶ってすっきりなイメージがあるんですが、このお茶はボディが太いというかしっかりとした印象ですね。しかも後味がすっきり!」と、妙にホメてくれます!(やったぁ!)
そして、アイスボールクッキーです。「アイスをディッシャーですくったような形状ですね」とまずは形から語るN助手。「食べてみます」ともぐもぐと食して「サクサク感というよりはしっとりとしたクッキーですね。ミントも初めはマイルドな印象ですが、後味で結構効く感じです」と、詳細に描写します。「で、お茶と一緒にいただいてみるとー」と、もぐもぐしながらお茶をひと口。「ミントの爽やかさと相まってお茶のうまみが際立ちます!」と着地。
お茶の旨味にすっきりミント!いいかも!?
さて、次回はどうしようかな?


| | コメント (0)

« 2018年7月 | トップページ | 2018年9月 »