« 「大福茶(いわしや)」&「聖 賀正」 | トップページ | 「お年賀 純金茶」&「丹沢の猪」 »

「吉例 福茶」&「迎春生八ッ橋」

Img_2699


Img_2700

年が明けてはや10日、鏡開きですね。小田原では出初式。この週末は成人式やどんど焼きが行われてお正月行事が一段落する感じでしょうか。今回は、やはりお正月やおめでたい席に用いるという「福茶」を用意しました。お茶に昆布、玄米、勝栗、大豆、黒豆、梅干、山椒が入っている、縁起物“ぜんぶ入れ”みたいなお茶です。
合わせるお菓子は、前回に引き続き“生八ツ橋”です。今回は「平成31年亥 迎春生八ツ橋」とお正月のおめでたい感満載のパッケージ。
早速スタジオで淹れてみましょう。
やってきたのは”いつもの”N(名誉)助手。年末年始の忙しさ?からか?風邪気味のようです。ゴホン!と咳をしながら着席。「“大”福茶ではなくただの“福茶”なんですか?!赤に金、それに恵比寿、大黒ですかね?超おめでたいパッケージですね」とまずはお茶の袋から。。。そして、水色を見て「濃い黄色ですね」と語り、一服。「昆布が効いてます!全体的に濃い感じですね」とな。昆布、山椒、梅干しあたりが濃厚そうですね。
そして、「迎春生八ッ橋」です。「前回の紅白と違ってこちらの“白”は若干ベージュ色っぽいですね。通常の生八ツ橋に近い感じでしょうか」と前回との色の比較をしつつまず白を食すN助手。「ニッキの香りが効いてます。こしあんですね」ともぐもぐ。そして「赤もいってみます!」と赤を食し。「こちらも特段、色で味の変化はないようですね。お正月ということでおめでたい紅白に色分けしてある、という感じでしょうか」と分析し着地。
福茶と紅白の生八ツ橋のおめでたいパワーで早く風邪が治りますように!
さて、次回はどうしようかな??

|

« 「大福茶(いわしや)」&「聖 賀正」 | トップページ | 「お年賀 純金茶」&「丹沢の猪」 »

趣味」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« 「大福茶(いわしや)」&「聖 賀正」 | トップページ | 「お年賀 純金茶」&「丹沢の猪」 »