« 「若芽の茎の甘みの茶づくり」&「こぶ柿」 | トップページ | 「さくら 桜葉入り緑茶」&「桜のケーキ」 »

「足柄茶“極上”桜バージョン」&「生八ツ橋 桜」

ついにソメイヨシノ開花!の便りが届きましたね。平年よりは何日か早いそうですが、昨年よりは遅かったようですね(昨年はどんだけ早かったんでしょ?)。先手必勝!ということで早速桜のお茶を淹れていきましょう!定番・足柄茶の「極上」に、神奈川県産が全国シェアの8割を占めるという「八重桜の塩漬け」を浮かべるという春らしいアレンジ♪“金色透明”と言われる足柄茶ならでは!の水色に水中花のようにふんわりと桜の花が咲く見た目も美しいお茶。今回も上手に淹れましょうね!

合わせるお菓子は、こちらも「桜」。生八ツ橋の「桜」です。

やってきたのはいつものN(名誉)助手。桜やら、花粉症やらを語りながら着席。「いつもの澄んだ山吹色の水色の中にピンクの桜が浮いてますね。若干しょっぱそうな気がするのはこれまでのイメージでしょうかね」と言いつつ一服「あ、最初はザ・お茶ですが、後味が桜です。ほんのり酸味と塩味が残ります」とな。「なんというか、ひらひら舞う桜の花びらのようなイメージですね」とキレイにまとめます。

続いては、「生八ツ橋 桜」です。「生八つ橋の生地が桜色で、桜の葉の刻んだものが練り込んである感じですね」と形状を描写しつつ食すN助手。「こちらも桜が香ります!」とテンション高め↑↑「お茶と一緒にいただいてみると、咲き誇る桜を感じます」と着地。

まだ咲き始めの今年の桜ですが、満開が楽しみになるお茶の時間です。

さて、次回はどうしようかな?

Img_2811Img_2814

|

« 「若芽の茎の甘みの茶づくり」&「こぶ柿」 | トップページ | 「さくら 桜葉入り緑茶」&「桜のケーキ」 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« 「若芽の茎の甘みの茶づくり」&「こぶ柿」 | トップページ | 「さくら 桜葉入り緑茶」&「桜のケーキ」 »