趣味

「足柄茶 冬仕立て」&「美保岐金平糖」

Img_1904


Img_1906


Img_1907

小正月も過ぎてお正月のお茶のご紹介も一段落。どうしようかなー?と思ったら、冬限定の足柄茶「冬仕立て」がありました!だいぶ前に購入してあったのですが、ほうじ茶、くき茶、大福茶と“シリーズ物”が続いたのでこのタイミングでのご紹介になりました。
冬向けのブレンドなので高めの温度で淹れて楽しめるそうです。どんな“仕立て”になっているか楽しみ♪
合わせるお菓子は、“関東のいづもさん”出雲大社相模分祠のご神菓「美保岐金平糖」です。こちらは、古くから出雲神話に伝わる美保岐玉をイメージした縁起の良い三色の金平糖。青玉は秦野で栽培した緑茶、白玉は島根県産の塩、赤玉は秦野特産の桜が使われているとのこと。地元の素材で出雲神話が表現されている!って感じで素敵ですね。
早速スタジオで淹れていきます。
やってきたのはいつものスタッフくん。「うぉー!香りも色も濃いですね!」とまずは「冬仕立て」の水色と香りから。。。「味も濃い!後味はすっきりですが、この緑色っぽさは深蒸しな感じですね」だって!
続いて「美保岐金平糖」です。「一粒が上品なちっちゃい粒なんで、こういう白い小皿にのせてデスク周りとかに置いておいたら和みますよねー」と、白磁の小皿に盛った姿をまずは絶賛!
そして、一色ずつ食していきます。ぽちぽちと食しながら、「んん!素材の風味が生きてますね!緑茶は香りも渋みもしっかりしてますし、桜はあの八重桜の塩漬けの独特の風味、塩も塩辛さだけでなく旨味を感じます」とな。「淡い色も品が良くていいですね!」と着地。
お正月気分も抜けて一年で一番寒い時期に差し掛かかろうというこの時期にぴったりの組み合わせだったかも?!
さて、次回はどうしようかな?

| | コメント (0)

「吉例 福茶」&「花重ね」

Img_1892


Img_1893
鏡開きも過ぎ、小田原では出初式も終わってお正月気分が一気に抜けてきている今日この頃。いやいやいや、まだ小正月はこれからだから!と、ムダな抵抗をしつつ今回もお正月のお茶のご紹介です。こちらも地元のお茶やさん「江嶋」さんで見つけた「福茶」です。真っ赤なパッケージで「吉例 福茶」とあるおめでたそうなお茶。パッケージの解説にはやはり大福茶と同じように村上天皇の御代に疫病が流行し、六波羅蜜寺の空也上人が霊夢により観世音に献上したお茶を万民に施したところたちまち平癒し、天皇はこの功徳を讃えて「皇服茶」として新年に万病を払う習わしとした。というエピソードが書かれています。急須1回分のパックになっていて、お茶、昆布、玄米、勝栗、大豆、黒豆、梅干し、山椒、と大福茶(福茶)に必要なアイテム全部入り!という感じです。
合わせるお菓子は、こちらもパッケージの色合いが“新春っぽい”という直感で選んだ「日光国立公園銘菓 花重ね」です。
早速スタジオで淹れていきますよ!やってきたのは久々のN(名誉)助手。新年初めての登場なのでやはり「福茶」で正解!でしたね。「なんだかいいお茶の香りがします」とまずは香りから。「水色は。。。澄んだ山吹色?ではないですね」と続いて水色を。そしておもむろに一口飲んでみて「うーん、いろいろなアイテムが入っているだけあって複雑に折り重なっている感じです」とな。さらに「いつものように形で例えるならば、今回は四角です。その四角をところてんのように突き出した感じがしますね」と、得意の哲学的表現でまとめてくれました。
では、「花重ね」に行ってみましょう!「和紙の包みを開けるとー」とここも包みを開けるところから描写していくN助手。「お!紅白ですね!おめでたい!さらに、なんだかキラキラした感じです」と手に取り「求肥、ですね。もっちりと柔らかい生地で。。。」と食し、「お!餡がゆずの香りです!」とオドロキの表情に。新年からなかなか饒舌なN助手です。そして「これをお茶と一緒にいただくと。。。いくらでもいけちゃう感じです」と着地しました。
小正月を前になかなか縁起が良さげなお茶の時間です。
さあて、次回はどうしようかな?


| | コメント (0)

「大福茶(小田原江嶋)」&「聖 祝菓」

Img_1886


Img_1887
あけましておめでとうございます。仕事始めは年明けすぐの1月2日のNewYear Gardenからだったのですが、Gooddayでは今回が年明け最初の”まーしゃ’S Café”です。
NewYear Gardenでは、地元小田原の欄干橋 ちん里うさんの「大福茶」を淹れたのですが、今回は、やはり地元の“江嶋”さんの「大福茶」です。合わせるお菓子はお正月らしくパッケージに金文字で”賀正“と入っている紅白の生八つ橋「聖」を用意しましたよ。
早速スタジオで淹れていきましょうね。
やってきたのはいつものスタッフくん。“久々の”と書きたいところですがNewYear Gardenでも大福茶を一緒にいただいたので今年になってすでに2回目の登場!
早速江嶋さんの大福茶を淹れていきますね。のしのついた金色のパッケージを開けると出てきたのは三角ティーパックに入った玄米茶。ふっくらと大粒の玄米が素材の良さを感じさせます。上品な水色にふんわりと香ばしい玄米が香り、スタッフくん「見た目普通の緑茶ですが、ひとくちいただくと玄米の香ばしさが引き立ちますね!」とな。
続いて「聖 祝菓」です。まずはピンクの方から食すスタッフくん「香りといいあんといい品の良い感じの生八ツ橋ですね」としばしもぐもぐ。。。白とピンクで味は違うのかな?と振ってみると白い方もパクリ。「うーん。。。」考え込むスタッフくん。「どちらかといえば、白い方がマイルドな感じかも?気のせいってレベルですが。。。」だそうで。
上質な玄米茶と紅白の生八ツ橋で新春らしいお茶の時間になりました。
さて、次回は???

| | コメント (0)

「足柄茶 特撰くき茶」&「忖度まんじゅう」

Img_1859


Img_1860

年の瀬。一年を締めくくる仕事納めの一服はスペシャルでしかも今年のまとめになるものでなくては!!ということで、スペシャルな「足柄茶 特撰くき茶」を用意しましたよ。神奈川県農協茶業センターの直売所の売り出しで“限定販売”されていたお茶です。お値段的にも品質的にもいつものくき茶よりもグレードが高い一品です。今年は思い切って購入してみましたよ!
そして、合わせるお菓子は、今年の流行語大賞にもなった「忖度」をおまんじゅうにしちゃったという「忖度まんじゅう」です。大阪のお店が商品化して話題になっていたのですが、なんと!地元のスーパーで発見!これはもう今年を締めくくるお菓子にぴったりだわ!と購入してきました。
やってきたのは、なんと!いつものスタッフくんでもN(名誉)助手でもハリー店長でもなく!コーナー初登場!!のDJ PaPaQさんです!FMおだわらではすっかりおなじみのPaPaQさんですが、まーしゃ’S Caféに“ご来店”いただくのは今回が初めて!!年末年始の特番のお話をしながらお茶とお菓子をいただきます♪
まずは、「特撰くき茶」から。「まったりと落ちつきますねー」とPaPaQさん。くき茶独特の甘みといいお茶ならでは!のうまみが感じられるお茶です。
そして、うわさの「忖度まんじゅう」です。「これは、、、仮名が振ってないと読めないかも?ですね」とPaPaQさん。中にこしあんが入った真っ白な小ぶりのおまんじゅうはなかなか上品な佇まいなのですが、おまんじゅうの表面には「忖度」の文字がくっきりとプリントされています。パッケージには“そんたく”と仮名が振ってあるのですが、おまんじゅうは漢字表記のみ。今回の流行語大賞でこの難しい感じが読めるようになった方も多いかな??話題性抜群の「忖度まんじゅう」お味の方もしっとりとしたこしあんと厚すぎず薄すぎない絶妙な皮が品よくまとまってなかなかのものです。旨味甘味をじっくりと味わいたい「特撰くき茶」との相性もバッチリ!
慌ただしい年の瀬もゆったりまったりと一息つけそうです。
しかし!この「忖度まんじゅう」はお年賀に持っていってもウケそうな?!楽しいこと考えつつ新しい年を迎えましょうね!
さて、次回はもう来年だわ!どんなお茶で新年を寿ぎましょうかね?!
皆さん良いお年を〜!!

| | コメント (0)

「足柄茶くき茶&ゆず」&「ココア&ジンジャークッキー」

Img_1850


Img_1851

冬至!そしてクリスマス!です。やはり季節感を取り入れるには農産物直売所よね!と、足柄茶コンシェルジュの仲間が“お茶の日”イベントで「くき茶の試飲販売」をしている朝ドレファーミに突撃!詰め放題の足柄茶の「くき茶」と「ゆず」、そして「ココア&ジンジャークッキー」を購入してきましたよ!
さぁて早速淹れてみましょうね。普段使いにオススメのくき茶は熱いお湯でサッと淹れても美味しいのでこれにゆずの皮をピーラーでくるっと花びら大に剥いたものを浮かべて香りを立ててみましょうね。
お菓子はクリスマスらしい佇まいの「ココア&ジンジャークッキー」。ココアがツリーでジンジャーが天使の形になっていてクリスマス感満載です!
ゆずのフレッシュな香りを生かしたいのでコーナー開始ギリギリまで待ってピーラーでクルクルっと剥きます。すると、ふわっと爽やかな香りとともにジュワッと水分が出てきます。さすが地物のゆず!みずみずしさが違いますねー!スタジオ中いい香りを漂わせながらお茶を淹れます。
やってきたのは久々のN(名誉)助手。「今日はゆず湯には入るんですか?」とか言いながら着席。「心なしか水色もゆずの色のようなんですが、これは気のせいですかね?」とまずは見た目から。足柄茶は普通蒸しのお茶なので水色は澄んだ山吹色なのが特色。ゆずの香りに包まれて見てみるとゆずの黄色のイメージとも重なりますね。そして、一服!「おおー!ゆずです!すっごく香りますね」とオドロキの表情に!
そして、「ココア&ジンジャークッキー」です。「色からすると白い天使の方がジンジャーですね?」と確認しながら順番に食すN助手。「おー!しっかりジンジャーです」これと一緒にお茶を飲むと。。。と、さらに一服「スキッとしていい感じですね。しょうがのじんわりあったまる感じとあったかいゆず茶の相乗効果がありそうです」とな。ふと見たらしっかりココアの方も完食していたN助手。←さすがお仕事が早い!
あったかく淹れたゆずの香りのくき茶で冬至!そして、天使とツリーの形のクッキーでクリスマス気分を満喫!なお茶の時間になりました。
さて、次回はもう今年最終週?!わぉ!どうしようかな??

| | コメント (0)

「足柄茶ほうじ茶」&「チョコレートまつば ホワイトチョコレート」

Img_1831


Img_1832

気がついたらもう12月も折り返し!(早い!!)“あったかいほうじ茶で温まる”シリーズ(いつシリーズ化した!?)今回も、いつもお世話になっている神奈川県農協茶業センター直売所の売り出しでのイベント「ほうじ茶まつり」の商品から紹介していきましょうね。これまで“限定”商品が続いたので、“いつもの定番”「ほうじ茶」を淹れてみましょう。100グラム216円というお手頃価格の本格派!さて、これまでの“限定”とどう違うのか?!楽しみ♪←違いがわかるのか??(汗)
合わせるお菓子は、やはり、茶業センター直売所の売り出しで見つけて前々回にご紹介した“冬期限定”「チョコレートまつば」の、最近ラインナップ加わった「ホワイトチョコ」バージョンです。直売所でも人気のいもかりんと“芋まつば”にチョコをコーティングした冬ならでは!のアイテムです。コーティングされたチョコがホワイトチョコだとぐっとクリスマス気分が盛り上がりますね!
早速スタジオで淹れていきます。やってきたのはいつものスタッフくん。このシリーズは最初から参加しているので飲み比べはバッチリ?!かな?早速一服!「うーん、安定の品質。いつもの味です!ホッとしますねー」と馴染みの知り合いに出会ったような表情です。「香りが高いものとか、味が濃いものとか、いろいろありましたけど、ちょうど中庸な感じで落ち着きますね」とな。
では「チョコレートまつば」の「ホワイトチョコレート」です。「食感は前々回のチョコレートまつばなのですが、ホワイトチョコの風味が際立ちますね」ですって!「チョコレートの口どけと芋かりんとうのざっくりした食感が絶妙です」と着地。
寒い夜はあったかいほうじ茶とクリスマス気分のホワイトチョコまつばでゆったりぬくぬく過ごしたいですね。
さて、次回はもう冬至しかもクリスマス間近かぁ!どうしようかな?

| | コメント (0)

「箱根丹沢山麓ほうじ茶」&「湘南ありへいとう湘南ゴールド」

Img_1818


Img_1819
暦の上では大雪を過ぎて寒さも本格的になってきましたね。今回もあったかいほうじ茶で温まりましょう。前回に引き続き、いつもお世話になっている神奈川県農協茶業センター直売所の売り出しでのイベント「ほうじ茶まつり限定商品」から、今回は「箱根丹沢山麓ほうじ茶」です。
通常の足柄茶のほうじ茶と違って200グラム入りのクラフト紙風のシンプルなパッケージ。いつものほうじ茶とはどんな風に違うのか?ちょっと楽しみ♪
合わせるお菓子はやはり茶業センター直売所に並んでいた“さくさく噛んで食べる飴”のシリーズから「湘南ありへいとう湘南ゴールド」をチョイス!この“ありへいとう”の以前に“足柄茶”フレーバーをご紹介したことがあるのですが、“湘南ゴールド”はどんなかな?
早速スタジオで淹れていきましょう。やってきたのはいつものスタッフくん。「前回よりは香りがマイルドですね」と言いつつ着席。「水色も控えめな感じですが。。。」と言いつつ一服。「あ!香りと見た目とは裏腹にすっごい濃厚な感じのほうじ茶です!!」と、見る間にオドロキの表情に!「いやぁ、同じ足柄茶のほうじ茶でも違うものですね!」とな。
そして、「湘南ありへいとう湘南ゴールド」です。「これ、キャンディですよね?」と訝しげなスタッフくん。「金色ですねぇ。なんか金の粒!みたいな?」と、金色のありへいとうの外観にテンションが↑↑上がりつつも「さくさく噛んで食べるんですよね?!」と(ホントにさくさく噛めるのか?!)不安そうに一粒食します。「んぁ!本当にさくさくですね!中から湘南ゴールドの風味がジュワッと湧いてきます!」とまたびっくり!そして、さくさくと食べながらお茶を一服。「お!これ、ほうじ茶と一緒に食べると酸味がまろやかになってなんか美味しくなります!」と着地。ほうじ茶っていろんなミラクルを連れてくる?!んですね!!
さて、次回は??


| | コメント (0)

「かりがねほうじ茶(足柄茶)」&「チョコレートまつば」

Img_1792


Img_1793

12月になりましたね!本格的な冬の到来ということで温かいお茶を淹れていきましょうね!今回は、いつもお世話になっている神奈川県農協茶業センター直売所の売り出しでのイベント「ほうじ茶まつり限定商品」の「かりがねほうじ茶」です。“かりがね”とはお茶の茎の部分のことで、棒ほうじ茶とも言われます。
今回はイベントということで店頭での量り売り。美味しいうちに飲み切りたいので100グラムだけ量って詰めてもらいました。
合わせるお菓子は、やはり、茶業センター直売所の売り出しで見つけた“冬期限定”「チョコレートまつば」です。直売所でも人気のいもかりんと“芋まつば”にチョコをコーティングした冬ならでは!のアイテムです。
さぁ、あったかく淹れてみましょうね!
やってきたのはいつものスタッフくん。「すごーい香ばしい香りですね!スタジオ中がほうじ茶の香りでいっぱいですよ!」と言いつつ入ってきました。まずは一服。「あ、香りはすごく立っているんですが、味はすごくスッキリして雑味がないですね。茎の部分だけだからでしょうかね?」と、分析しつつ味わっています。
そして、「チョコレートまつば」です。「冬ならでは!ですね。これ!」と言いながら手に取るスタッフくん。「コーティングしているチョコが溶けない冬だからこそのアレンジですよね」と「チョコレートまつば」をもぐもぐ。「カリッとした芋そのものの素材感とミルクチョコの優しい味わいがいい感じです」とな。「香ばしくて雑味のないかりがねほうじ茶とお芋の食感が生きているチョコ風味は合いますね」と着地。冬の澄んだ空気のようなスッキリとしたかりがねの風味はなかなかイイ感じです。
さて、次回はどうしようかな?

| | コメント (0)

「明治の山茶」&「国産清見オレンジのドライフルーツ」

Img_1781


Img_1782

気がつけば11月も最終週!(早い!)小田原近辺の紅葉も色づきを増してきましたね。紅葉から落ち葉の季節にぴったりな(?)こんなお茶を見つけましたよ!(ちょっと強引か?!)実は、先日、明治神宮に参拝してきたのですが、その時にお土産物を扱っているお店で“明治神宮参拝記念”の「古式農法製天然山番茶“明治の山茶”」というお茶を試飲販売していたのです。お店の方のお話を聞いてみると、明治時代まで全国で作られていた古式農法製のお茶で、山間部で十分に熟成して育ったお茶の葉を開いたまま乾燥して炒って仕上げた山番茶なのだそうです。身体にも優しいので参拝の際には必ず購入するリピーターさんも多いのだとか。ぎっしりと袋詰めされたお茶の葉はこの時期舞い散る落ち葉を集めたみたい(?)に見えなくもない(失礼!!)そんな素朴さとナチュラルさに惹かれて早速購入してきました。
ナチュラルで自然なお茶なので合わせるお茶うけもナチュラルに!ということで、「国産清見オレンジのドライフルーツ」を持ってきました。
早速スタジオで淹れていきます。本来は煮出した方が良いそうですが、ここは熱いお湯で淹れていきます。やってきたのはGoodDay!の後、19時からの釣りの番組「Big Fish」のハリー店長(釣りのプロショップという“設定”の番組なのでね)です。「香ばしいですね。ほうじ茶とは違うんですか?」とまずは一服。「こーんなお茶だよ!」とお茶の葉を見せると「ホントに葉っぱそのものがお茶になっているんですね!」とオドロキの表情に。そして、「国産清見オレンジのドライフルーツ」です。「これもオレンジの輪切りがそのままですね」と言いつつ食すハリー店長。「香りがいいですね。皮の部分も苦くなくて美味しく食べられます!」とな。
明治の御代のナチュラルな番茶と平成の清見オレンジの時代を超えた共演という感じでしょうか。
売っていたお店の方のお話では、このお茶で茶粥を炊いてもいいそうです。(挑戦してみようかな?)
さて、次回はもう12月!どんなお茶を淹れようかな?


| | コメント (0)

「おくみどりブレンド」&「南部せんべいの落花生」

Img_1749


Img_1748

11月に入ってようやくお天気が安定してきたような気がします。日向ぼっこには絶好の日和が続きますね。さて、今回は“品種茶”の「おくみどり」をブレンドしたお茶を淹れていきましょう。「やぶきた」(これも品種名ね)の収穫を終えた頃に収穫するという「おくみどり」。深い緑を感じさせてくれるような品種なのだとか。(楽しみ♪)
合わせるお菓子は「南部せんべいの落花生」です。青森の「南部せんべい」ですね。“東北みやげ”とパッケージに書いてあると思ったら、作っている会社が「東北みやげ煎餅」ですって!“文字通り”ってことね!
さぁ、スタジオで淹れていきますよ。やってきたのはいつものスタッフくん。まずは「おくみどりブレンド」です。「香りはほんのりマイルドですね」と、今回も香りから語ります。「飲んでみます!」と一口飲んで「お!これ、ガツーンと濃いですね」と、驚きの表情に。香りが濃くて味がスッキリしていた前回のお茶とは対照的ですね。
で、「南部せんべい」です。「南部せんべいって、やっぱりこの型抜きしてはみ出した“へり”ですよね!」とまずはヘリから食すスタッフくん。「香ばしいですね!中に入っている落花生があまり前面に出ないので生地の風味とのバランスが絶妙です」としばしもぐもぐ。「ナチュラルな風味のおせんべいとガツンと濃いお茶でこちらもバランス絶妙です」とまとめてくれました。
さて、次回はどうしようかな?

| | コメント (0)

より以前の記事一覧

その他のカテゴリー

趣味